FC2ブログ

コリー達に囲まれて

ブリーダーとして、コリー達と共に過ごす日々の記録です。画像や動画や記事の無断使用を禁じます。


19
Category: 飼育   Tags: ---

犬が決めた仕事

ラフコリー専門ブリーダー
AIRWOMAN COLLIES
http://airwoman.if.tv/

2009年の10月生の子犬の仮予約を受付け中
http://airwoman.if.tv/puppies.html

=========================

犬達が、屋内運動場の方でけたたましく吠えていたので
声から判断して中心になって吠えているはずのラプターの
名を呼んだら、傍まで戻ってきました。
ところが、どうしたことか、私を振り返りながら屋内運動場へ
戻って行ってしまいました。


この野郎、コマンドを無視したな~とすぐに追いかけて
「ラプター!」と怒鳴りながら、屋内運動場へ足を踏み
入れてみれば・・・今までに2回、ラプターがサンダーに
ケンカを売った時に私がラプターに馬乗りになって叱った
場所で、既に仰向けになって私を待っていました。


ラプターの姿を見ると同時に、なぜコマンドを無視したか
理由が分かりました。屋内運動場には、はめ殺しになった
大きなガラス窓があるのですが、そのガラス窓に張り付く
くらい近くで、老婆が、隣接する畑の伊予柑の摘果をして
いたのです。それで、ラプター以外の数頭のメスたちも
立ち上がってガラスに向かって激しく吠えていました。


その畑の持ち主の老婆は滅多にやって来ないのですが、
お盆を過ぎて、少し朝晩が過ごしやすくなってきたのか
作業をしにやってきていたのです。犬達にしてみれば
不審な行動をしている敵の襲来です。
ですからラプターは私に怒られるのを承知で、振り返り
振り返りしながらも窓ガラスの所まで戻ったのです。


外敵に対応しようとしたラプターの気持ちも分かるので、
きつくは叱らず、でも一応はコマンド無視なので、黙って
首根っこをゆるく掴んで連れ戻し、ラプターをケージへ
入れました。


盲導犬の訓練では、視覚障害者が前へ進むように犬に
命じたとしても、段差があったり、車が通っていたりして
危険な場合は、コマンドを無視するように教えるそうです。
必要ならば、ハンドラーである視覚障害者のコマンドを
無視するのが盲導犬達の仕事です。


私が、うちのコリー達に求めている仕事は繁殖行動であり、
吠えて我が家のガードをすることではないのですが、
犬達自身にとっては我が家のガードこそが仕事なのです。
犬達自らが決めた自分達の仕事が我が家のガードです。


だからこそ私が命じるのを無視してでもガラス窓の所まで
駆けもどり、私が追いついた時点で、私のコマンドを無視
したのだから叱られると予測して、命じられるより先に、
仰向けになり腹を見せるという所謂カーミングシグナルで
私をなだめようとしていたのだと思われます。
やかましく吠えているようでも、犬なりに理由がある場合も
あるので、無駄吠えだと叱る前に犬の立場で考えてやる
ことも必要です。


=======================
★★★もうひとつのブログも時々、更新しています。↓の
トップページよりお入り下さい。


エアウーマン犬舎 http://airwoman.if.tv/
迷子のコリーの詳細情報

●犬ブログ・ランキングに参加しました。御協力よろしく
 お願い致します。クリックするだけでOKです。
にほんブログ村 犬ブログ コリーへ


にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ


にほんブログ村 犬ブログへ


odekakeL&A&R





1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom