コリー達に囲まれて

ブリーダーとして、コリー達と共に過ごす日々の記録です。画像や動画や記事の無断使用を禁じます。


21
Category: 飼育   Tags: ---

遂に関東圏も

ラフコリー専門ブリーダー
AIRWOMAN COLLIES
http://airwoman.if.tv/

2009年の6月生の子犬の仮予約を受付け中
http://airwoman.if.tv/puppies.html


=========================

昨日、塾の始まる前に思い立って、父母宅用のエタノール
ジェルの買い足しの為に大手薬局へ行ってみたのですが、
マスク完売に続き、消毒用ジェルも完売でした。液体の
エタノールも残りわずかになってて、マスクの入荷のめどは
立たず・・・ということでした。


それで、塾にやってきた中学生がトイレを利用した後や
自分が出先のスーパー等でトイレを利用する時にドアノブを
拭くためのハンディタイプの除菌ティッシュと寝込んだ時に
脱水症状を予防する為のポカリスウェットの粉末を買って
おきました。


閉店前にやってきて「マスク、ありませんか?」と聞いていた
お婆さんがいて、気の毒だなと思ったのですが、娘や息子や
孫が居るだろうに、誰も用意してあげなかったのかなと思い、
ちょっと腹立たしい感じもしました。


帰宅して、マスク装着で授業を済ませてから、TVを見て
いたら、八王子で感染者発見のニュースが流れました。
遂に関東上陸。これでは、もうこちらではマスクの入荷も
ジェルの入荷も厳しいでしょう。なんと言っても関東優先に
なるでしょうから。


それにしても、ウィルスには若い細胞に好んで取り付くのが
居るのだというのは、獣医さんに聞いていて、知っていたの
ですが、今回の新型インフルエンザのウィルスは、中年の
成人が罹っても不顕性になるとか症状が軽く済むとかで、
発見されるのは十代後半の学生ばかりが目立ちます。


となると、性腺の発達となんらかの関係があるのかなぁと
素人考えですが思っています。高校生と言えば一生で
一番性成熟を遂げる時期です。活発に細胞分裂している
生殖器の細胞とかに好んで取り付くウィルスだったりなんて
ことはないのかしら・・・と想像しています。


老人は免疫を過去に取得している可能性があるという説も
あるようですが、繁殖能力が失われているから、罹患しても
軽く済むということではないのでしょうか???


よく知られていることですが、成人男性がおたふく風邪に
罹ると、睾丸炎になり、何割かの人は無精子症になって
繁殖能力を失ってしまいます。


今、性成熟が活発な時期の若者たちを狙い撃ちしている
ような新型インフルエンザは、おたふく風邪のように、後に
なってから、繁殖能力になんらかの影響を及ぼすことは
ないのだろうか・・・と危惧しています。


ただでさえ、明治大正昭和初期生まれの男性に比べ、
昭和後期や平成生まれの男性の精子の状態は非常に
悪くなっています。
この未知の新型インフルエンザが、おたふく風邪のように、
将来的に若者たちの繁殖能力にわずかでも影響を与える
ものであれば、少子化は加速度的に進みます。


パンデミックを抑えることとワクチン開発だけで精一杯で、
専門家は、そんな研究どころではない状態でしょうけど、
繁殖能力に影響の無いものだとはっきりすればいいなと
思います。


●エタノール・ジェルが買えなかった人は、液体の
エタノールや二酸化塩素を染み込ませたコットンを
ジプロック等に入れて持ち歩くとか、二酸化塩素系
消毒液(市販のペット用品ではバイオチャレンジ等)を
既定の濃度でスプレーに入れて携帯、あるいは液体の
エタノールと水を8:2の割合で霧吹きスプレーに入れて
携帯すれば、なんとかなりますよ。エタノールは原液の
ままで容器に入れると、容器が溶けて液が漏れ出す
ことがあります。
同じ消毒液でも、ビルコンやハイターは、口に入ると
危険です。二酸化塩素と普通の塩素とは別物です。


=======================
「迷子のコリー」「迷子 コリー」「迷い犬 コリー」
これらの言葉を書き続けることで、上位にヒットする
ことを願って。

エアウーマン犬舎 http://airwoman.if.tv/
迷子のコリーの詳細情報

●犬ブログ・ランキングに参加しました。御協力よろしく
 お願い致します。クリックするだけでOKです。
にほんブログ村 犬ブログ コリーへ


にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ


にほんブログ村 犬ブログへ


odekakeL&A&R






2
3
4
7
8
12
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom