コリー達に囲まれて

ブリーダーとして、コリー達と共に過ごす日々の記録です。画像や動画や記事の無断使用を禁じます。


05
Category: 飼育   Tags: ---

事件を呼ぶ女?

ラフコリー専門ブリーダー
AIRWOMAN COLLIES
http://airwoman.if.tv/

2009年の6月生の子犬の仮予約を受付け中
http://airwoman.if.tv/puppies.html


=========================

全国版ニュースで大々的に報道された殺人事件の
現場を九州旅行中の姪っ子が見たそうだ。
まだ救急車も来ておらず、地面には人が倒れていて
野次馬が集まっているところに友人の車で観光名所に
向かう途中で、遭遇したらしい。


今、↓の記事を読み直したら、姪が居合わせた時には
犯人は現場を包丁を持ってうろついていたことになる。
姪が母親にあてて送ってきたメールを読んだが、そんな
身に迫った恐怖は全く感じていない様子だった。事件に
偶然、出くわしてしまった人間と言うのは、そんなもの
なのかもしれない。

http://mainichi.jp/seibu/shakai/archive/news/2009/05/04/20090504ddp041040026000c.html


が、この姪っ子、どういうわけか“事件”と縁がある。
高校生の頃だったか、友人と歩いていた学校からの
帰り道、後方からやってきたバイク男にカナヅチで
殴られて事件になった。一応、通り魔事件である。
堀北真希に似ているので、通りすがりの人に、よく
写メを撮られているが、この時は後ろから襲われた。


そして、その数年後の大学生の頃、姪のアパートに
泊まっていた数人の女子大生の一人が、バイト先に
出かける時に残った子たちが寒かろうと思ったらしく、
布団に電気ストーブを近づけた。それで、火事になり
消防車が何台も来た。幸い、ボヤで済んだのだが、
人の一生では、火災現場に遭遇しない人間の方が
圧倒的に多い。それなのに、遭遇どころか火元に
なった。


そして、今回で3回目。亡くなった方々には申し訳ない
表現だけれども、おそらく事件記者やTVレポーターなら
スクープだと垂涎ものの事件現場に遭遇したのである。


今の職場でも営業で新入社員のトップだったとかで、
表彰されたそうだが、なんとなく、職業を間違っている
かもしれないと思う。今回の事件現場から母親にあてた
メールの文章、一応、現場レポートになっていたし・・・


人がその職業を求めなくても、職業の方が人を呼ぶ
ことは、時々、あると思う。縁である。でも、くれぐれも
被害者や加害者にはならないよう十分に用心して
欲しいと思う。


=======================
「迷子のコリー」「迷子 コリー」「迷い犬 コリー」
これらの言葉を書き続けることで、上位にヒットする
ことを願って。

エアウーマン犬舎 http://airwoman.if.tv/
迷子のコリーの詳細情報

●犬ブログ・ランキングに参加しました。御協力よろしく
 お願い致します。クリックするだけでOKです。
にほんブログ村 犬ブログ コリーへ


にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ


にほんブログ村 犬ブログへ


odekakeL&A&R




2
3
4
7
8
12
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom