コリー達に囲まれて

ブリーダーとして、コリー達と共に過ごす日々の記録です。画像や動画や記事の無断使用を禁じます。


09
Category: 飼育   Tags: ---

当り前のこと

ラフコリー専門ブリーダー
AIRWOMAN COLLIES
http://airwoman.if.tv/

2009年の秋冬の子犬の仮予約を受け付け中
http://airwoman.if.tv/puppies.html


=========================

繁殖を始める時に怖かったのは、子犬達の譲渡先が
見つからずに売れ残ってしまうことと、先天性の障害の
ある子犬を授かってしまうことでした。


新生児のうちに異常が分かり、生きてはいけない子、
苦しみ続けねばならない子だと分かれば、安楽死を
させるという覚悟の元に繁殖に踏み出し、その通りに
してきましたが、ある程度育ってから見つかった障害の
場合は、自分で育てるしかないと思っていました。


人間の場合、父母が健常、祖先にも障害者が一人も
出ていなくても、突如として先天性障害を持った子供を
授かる場合がありますが、動物も全く同じです。
遺伝による予測が不可能な先天性障害を持つ個体を
授かる場合があります。そして、繁殖の数を重ねるほど
その可能性は高くなります。


当り前のように、そういった子犬に巡り合って、先天性の
障害のあるコリーを私は育てています。先天性障害が
分かったのは生後3ヶ月も過ぎてからですが、仲間たちと
遊びながら元気に過ごしています。一般の御家庭では
飼育が困難でしょうが、うちでは運動の設備があるので、
なんとかできます。


その子の障害に気付いた時の落胆は大きかったですが、
先天性障害が見つかったのが余所へ出した子ではなく、
犬舎に残した子だったので、ほっとしました。


怪我をしないように喧嘩に巻き込まれないように特別の
配慮をしてやりますが、特別に可愛がったり、特別に
可哀想という気持ちで接しているわけではありません。


世の中には、「犬を可哀想に思っている優しい自分が
大好き」な人が多いですから、そういう先天性障害の
ある犬は人気ですが、犬自身にとっては、障害という
“ある感覚が欠如した状態”が、“当たり前のこと”で
あり、また、“あるべき自分の姿”なのです。


他の感覚が、欠如した感覚を補完し、かなりの不自由は
あってもその子なりの豊かな感受性を持っているように
思いますし、犬は自分を不幸だと思ったりしません。
だから、障害のせいで他人に同情されたりすることが、
躾けの上で良いことなのかどうか・・・


表には出ませんが、可哀想という憐憫の気持ちだけで、
レスキュー犬を引き取った家庭で、甘やかしが原因の
問題行動が出ているケースは多いのです。何もかもが
“可哀想”で許されて良いはずはありません。


私は、先天性障害のある子を特別扱いはしません。
ご飯の催促吠えをしつこくすれば、ビンタもしますし、
洗濯物を引き裂けば、きつく叱ります。その子の能力の
範囲内の訓練もしています。


もしも私が災害や不慮の事故で死ぬようなことがあれば、
全てのコリーの中で、一番同情をかうであろう、その子に
一番先に引き取り先が見つかることでしょう。だから、
その点では心配は要らないのです。
ですが、一生ついて回る不治の障害があるのですから、
ある程度の躾をしておかねば、里親さんの負担は大きく、
また、ダメ犬、お荷物犬と思われてしまうと、良い関係が
里親さんと犬との間に作れません。
だから、障害のある子に対して手荒なまねをするのは
心が痛みますが、それでも、万が一のことを考えて、
厳しく叱るべきところは叱っておかねばならないのです。


私の友人の家にも先天性障害のある中型犬がいて、
その犬の障害にあった訓練をプロに委ねていました。
私は、訓練のプロではないので、大してことは教えて
やれないと思いますし、犬舎内での飼育になりますが、
仲間たちの中で、1頭だけ浮いてしまわないように、
平等に接してゆこうと思っています。


私は、周りの人達に、先天性障害を理由に、その子を
可愛がってもらいたいとは思いません。普通の犬の
ように接してもらえれば、それが一番良いと思います。
だから名前も書きません。非常に素直で利口な子です。


=======================
「迷子のコリー」「迷子 コリー」「迷い犬 コリー」
これらの言葉を書き続けることで、上位にヒットする
ことを願って。

エアウーマン犬舎 http://airwoman.if.tv/
迷子のコリーの詳細情報

●犬ブログ・ランキングに参加しました。御協力よろしく
 お願い致します。クリックするだけでOKです。
にほんブログ村 犬ブログ コリーへ


にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ


にほんブログ村 犬ブログへ


odekakeL&A&R




2
4
6
7
10
11
12
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom