コリー達に囲まれて

ブリーダーとして、コリー達と共に過ごす日々の記録です。画像や動画や記事の無断使用を禁じます。


05
Category: 飼育   Tags: ---

写らない写真

ラフコリー専門ブリーダー
AIRWOMAN COLLIES
http://airwoman.if.tv/

2009年の秋冬の子犬の仮予約を受け付け中
http://airwoman.if.tv/puppies.html


=========================

1995年の夏だったでしょうか、私は、塀と門扉を
作ったあと放置状態だった隣りの空き地に成犬の
ノエルとサリーと生後5~6ヶ月になった黒クマの
子供のような凪を連れて、自由運動にでかけて
いました。


向こうが見えない高い塀の向こうから、その空き地の
東側に隣接した家に住む小学生の声がしたので、
裏木戸をあけてあげると、下校中に拾ったのだと
言って、やや空気の抜けたドッジボールを持って
空き地の中へ入ってきました。


当時、小学4年生くらいだった男の子は、ボールで、
うちの犬達と遊ぶつもりだったのですが、テニスの
ボールくらいの大きさならば、人が投げたボールを
喜んで取りに行くノエルやサリーも、ドッジボールの
サイズのボールには見向きもしませんでした。
できないのが分かっている大きさなのですから、
咥えようとしないのは当然です。


ところが、子供で、まだ顎もそれほど大きくない凪が
異常な興味を示し、草ぼうぼうの空き地の中でも
とりわけ背の高い青草の草むらで、顎のはまらない
ドッジボール相手に唸りながら格闘していました。


私は、凪は放っておき、ノエルやサリーに向かって、
空地へ持参した小さいボールを投げてやり、小学生の
男の子もいつものように成犬2頭と遊んでいましたが、
途中で友人宅へ行くとかで帰ってしまいました。


私は、再び、ノエルたちにボールを投げ始めましたが、
ふと凪が気になり、凪の居た草むらを見てみれば、
前歯で空気の抜けたボールのわずかに緩んだ皮を
咥えた凪が、こちらへやってきます。
自分の頭の2倍はあろうかというドッジボールを
小さい前歯数本で咥えています。
「あっ!落ちた」
でも、また拾います。顎が外れるのじゃないかと
思うほど、大きく口をあけて咥えようとしますが、
それが不可能なのをハタと思い出したかのように
前歯で咥え直し、ボールを咥えた顎を上の方に
高く上げて数歩走り、また落っことし・・・・


前歯で咥えるのが辛くなると、今度は大きく口を
開けて、顎の中にボールが3分の1くらい収まるか
収まらないかで、そっと犬歯を空気が抜けていて
へこみ加減のボールの表面に立てて慎重に慎重に
運ぼうとしたり、凪は真剣そのものでした。


そんなことを何度も繰り返して、私のところまで
ドッジボールを運んできました。
なかなか根性のある子だわと思ったのは、あとの
ことで、その時は、可笑しくてたまりませんでした。
凪が期待するので、何度もドッジボールを投げて
やりましたが、待ち時間は長くかかりました。


これが、コリーとしては非常に珍しい「御飯よりも
ボール持来が好きな犬」が誕生したきっかけです。
人間も同じでしょうが、犬でも、苦労して苦労して、
自分の意思でできるようになった事には執着する
ようです。


今日は、数日ぶりの晴れ間が見えたので、いくつか
運動場には水たまりがありましたが、屋内運動場と
土の運動場との仕切り戸をあけたままにしておき、
犬達を自由に遊ばせて、私は、ウンチ拾いをして
いました。


拾い終わったので、家の方に戻ろうかなと思って
立ち上がると、父の作業場を壊して作った薄暗い
屋内運動場の奥から、かなり空気が抜けてしまい
ぺこぺこになった青いドッジボールを咥えた小ぶりの
トライのコリーが、顎をあげてボールを振り回しながら
足踏みするように嬉しそうに歩いて来ます。
生後7ヶ月の神楽でした。


他の犬達は全く興味を示さないのに、神楽だけが
時々、ドッジボールを咥えて運んでいるのを私は
知っていたのですが、私が投げてやると、すぐに
放り出してしまい、ただ駆け回るだけだったので
それほど興味はないのかなと思って諦め、好きに
させていました。神楽1頭だけをかまうと他の犬が
やきもち焼いて一斉に吠えるので、それが嫌だった
のも理由です。


でも、近頃は、神楽には、スワレとかフセなども
教えていますし、脚側歩行もけっこうできてきて
いるので、御褒美のつもりで、ちょっとだけ遊んで
やるかなと思い、屋内運動場へ入り、外の土の
運動場との仕切り戸を閉めました。
数頭、屋内運動場の中に残っていた成犬たちは、
大急ぎで壁際に並んでいるケージの中へ入れて
回りました。


そして、神楽が咥えているドッジボールを口から
外して、神楽の気を引きながら投げてやりました。
猛ダッシュで取りに行きました。ドッジボールを
咥えて戻ってきた神楽を激しく褒めると、神楽の
興奮度は増し、すかさず、またボールを投げて
取りに行かせました。


何度かボールの所まで行ったくせに拾うのを止めて、
私のところまで駆けもどり抱きついてきたりしました
ので、その時は、私が、ドッジボールを拾いにゆき、
反対方向へ投げてやったりしました。


その間、ケージへ入れられた成犬達は、文句を
垂れて大声で吠えっぱなしだったので、屋内の
運動場では声が反響するため耳の奥がおかしく
なりました。


当然、ヨシとかグッドなどという声で褒めても
聞こえませんから、上半身全体を使い神楽を
べた褒めしますが、声は聞こえなくても、私が
喜んでいるのは伝わったのでしょう。10投目
くらいには、途中で落とすことも投げたボールを
置き去りにすることもなく、ちゃんと持ち帰って
くれるようになりました。


まだまだ遊び足りない様子でしたが、わざと
止めておき、神楽の耳元で、「オシマイ」と言い、
今までと違って、ドッジボールを屋内運動場へ
放置することなく、犬達が立ち上がっても取る
ことのできない棚の上に隠しました。
明日か明後日に、また神楽1頭を屋内運動場へ
入れて、同じことをやってみるつもりですが、
たぶん、途中で放棄せずに持ち帰ってくれる
でしょう。


普通サイズのボールを持ち帰ってくれる子は
コリーでもいますが、顎よりも大きなサイズの
ドッジボールやサッカーボールにまで興味を
持ってくれる子は滅多にいません。


もちろん、訓練で強制持来を入れられた子なら、
どんな物も持ち帰れるでしょうが、訓練士さんの
行うような強制持来は、一旦教え始めたら中途で
投げ出すことはできず、時間的にも根気の点でも
大変ですし、下手な教え方をすれば、精神面で
マイナスが出ますので、一般の飼主さんには
指導者なしの状態で強制持来を犬に教えることは、
お薦めしません。


私が行ったような“偶然”を利用しての持来ならば
犬が興味を持つ物を持ち帰らせることは可能です。
ただ、ラフコリーの顎のサイズからして、ふつうは、
テニスボールか、ソフトボールくらいまでのサイズに
なってしまいます。


咥えるのが難しく、自分の頭骨以上の大きさの
ボールにまで執着するのは、気が強く諦めの悪い、
“悪がき”タイプの子ですので、うまく乗せれれば、
競技にも向く可能性があるでしょうが、乗せ過ぎて
興奮度が大きくなり過ぎれば、家の中で落着きを
欠くようなタイプに育ちます。


14年ぶりに凪の再来のような神楽に出会って、
凪と同じくドッジボール持来遊びを教えることが
できましたが、凪は、永久歯に生え換わる時には
既に、地下収納庫の取っ手を齧る事で門歯全ての
神経が見えるようになっていたほどで、執着心が
非常に強くて、少しもじっとしていないタイプの子で、
筒状の屑かごに頭がはまっているのもしょっちゅう
でした。


また、同じ生後4ヶ月の頃、神楽は、子犬4頭を
入れていた室内のサークルを抜け出しベランダに
出て、ベランダの柵の隙間を塞ぐために張った
ネットをよじ登り、1m下の土の運動場に飛び降り、
深夜に、雨が降る運動場で子犬1頭だけで
ずぶ濡れで遊んでいたことが何度もあるような
野性的な子です。知らない場所に連れてゆくと
神経質になりますが、元来、仲間がいなくても
独りで行動できるタイプの強気の子です。


神楽の母犬は、ケージ開け名人の福で、祖母は
連戦連勝の女帝ターシャです。そして、曾祖母は、
ボーダーもどきと言われた凪です。


この女系は、人に対しては従順なので、一般の
お宅へ行った子犬の場合は、非常に良い子と
言われることが多いのですが、うちのような多頭
飼育の犬舎で飼うと、おもちゃ等を介して他の犬達と
競り合った時、決してひるまないのです。
そういう様子を見るにつけ凪のDNAが確実に子孫に
受け継がれているように思います。


14年ぶりにひい婆さんの凪を彷彿とさせるトライに
出会ってしましましたが、実は、私は、神楽たちが
離乳した直後から、神楽1頭だけが、同胎犬達とは
違うやんちゃぶりでしたので、もしかして・・・と
かすかな期待をしていました。


今日、ドッジボールを運んでくる神楽の姿を見ていて、
14年前の風景が蘇りました。写真に収めない風景の
方が、写真より鮮明に脳裏によみがえるということは
よくあるものです。こういった犬と私との“写らない”
風景写真をできるだけ多く脳内のフォルダに収めて
おきたいと思います。

象と神楽

↑は、幼い頃の神楽。バケツに収まっていたのは、
ほんの数秒でした。

=======================
「迷子のコリー」「迷子 コリー」「迷い犬 コリー」
これらの言葉を書き続けることで、上位にヒットする
ことを願って。

エアウーマン犬舎 http://airwoman.if.tv/
迷子のコリーの詳細情報

●犬ブログ・ランキングに参加しました。御協力よろしく
 お願い致します。クリックするだけでOKです。
にほんブログ村 犬ブログ コリーへ


にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ


にほんブログ村 犬ブログへ


odekakeL&A&R






2
4
6
7
10
11
12
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom