コリー達に囲まれて

ブリーダーとして、コリー達と共に過ごす日々の記録です。画像や動画や記事の無断使用を禁じます。


02
Category: 飼育   Tags: ---

“感情的”も必要

ラフコリー専門ブリーダー
AIRWOMAN COLLIES
http://airwoman.if.tv/

2009年の秋冬の子犬の仮予約を受け付け中
http://airwoman.if.tv/puppies.html


=========================

お知らせ:「ラフコリーと暮らす」の方のブログも更新
しておきました。
http://air.ap.teacup.com/airwoman/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨晩遅くに見た番組「一人と一匹」がズシンとこたえて
目がさえてしまって眠れないので、2つ目の書込みを
しておきます。


躾けの初歩の段階や犬の身体の各部位を人が自由に
扱えるように慣らす時など、食べ物の御褒美はとても
有効ですが、食べ物に頼り過ぎるのも問題ありなので、
できるだけ最小限に留めています。


コリーは吠えて異変を知らせるタイプの犬種なので、
来客が父母宅の前で話し込んですぐに帰りそうもない
場合などは、ずっと吠え続けることなり、近所からの
クレームが心配なので、すぐさま全部の犬を呼び戻し
室内のケージへ入れねばなりません。
ですから、できるだけ猛ダッシュでケージやバリケンに
入るように「ハウス」の時は御褒美を使っています。
寝かせる為に「ハウス」と命じる場合は、猛ダッシュの
必要はないのですけれども、御褒美をもらえることを
知っている犬達の反応は素早いです。


20頭全部を同時に運動場へ出すことはないですが、
15頭くらいを同時に出していることはありますので、
そういう時には、「ハウス」の号令で一斉にケージへ
向かうと、手当たり次第、どこへでも入ろうとする子が
居る場合、あっちこっちでぶつかり合って大変です。
小さめのケージに2頭が入っていたかと思うと空の
ケージができたりします。


そこで、私が微調整をすることになります。3つ並びの
ケージの真ん中へ入るべきターシャが、右端に入って
私の顔を見ています。私は、「違うよ、そっち」と言って、
真ん中のケージを指差します。ターシャは、真ん中に
入り直します。


そして真ん中に入っていたあかりには「あかりちゃん、
こっち」と言って、右端のケージを指差します。すぐに
入り直します。


うちでは、ヒートの来ているメスや歩行訓練中の子の
ケージの場所を頻繁に変えますし、夜間は、離れた
屋内運動場の一角で寝かせている犬達も日中は
数時間ずつ、私が居る建物の中のケージに入れる
ようにしているので、しょっちゅう、入るべきケージが
変わります。


この犬にはこのケージと決めておき、変えない方が
ケンネルコフや皮膚病などが犬舎に持ちこまれた
場合に全部に広がるのを防げるので、健康管理上は
望ましいのですが、躾をする上では、ケージを頻繁に
変えるのは、けっこう便利な場合もあります。


うちの犬達は、常に私の顔を見て、自分がどこへ
入るべきなのかの指示があるのを待つ習慣が
できているのです。とりあえず、手当たりしだいに
入ってはみますが、あとで直されるのが分かって
いるので、立ったままの姿勢で、私の顔をみます。
食べ物を持っている私の手元は見ません。


2007年から2008年は、かなりの数の出産と
人工哺乳でしたので、犬舎に残した犬達の躾は
不十分です。
身体の何処を触っても大丈夫ですが、コマンドは
脚側行進とハウスのコマンドくらいしか、ろくすっぽ
理解していません。


ただ、「ハウス」ひとつでも、“指示を待つ”という
ことと、“絶対に従わねばならない”という2つの
鉄則を学ばせることはできます。


何種類ものコマンドに従ったり従わなかったりする
よりも、数少ないコマンドに徹底して従う方が良いと
思います。もちろん、理想的には、多くのコマンドに
徹底して従うことが一番よいのですが。


従うとか命じるとか服従とか上下関係という言葉に
嫌悪感を感じる人も多いと思いますし、私自身、
徒弟制度とか体育会系とか軍隊式という雰囲気は
嫌いですが、犬を危険から守るためとか、近所や
他人に迷惑をかけないようにする為には、絶対に
守らせねばならないことは、厳しく命じ、無理にでも
従わさねばなりません。


動物たちは人の真剣さを即座に見抜きますから、
なまっちょろい表面的な“命じる”や“叱る”では、
従いません。本気で命じ、心の底に怒気を忍ばせ、
叱るのでなければ、犬には伝わりません。


でも、一般の御家庭では、叱る時に“真剣さ”や
“怒気”がこもっていない場合が多いと思います。
コリーは穏やかで争いごとを嫌う性質ですので、
人間の方もついつい甘い調子になってしまって、
犬が、人が命じた言葉を他愛ない「元気?」とか
「いいお天気ね」程度にしか捉えていないことに
気付かず、コリーのコマンドへの反応の鈍さを
容認してしまっていると思います。反応の鈍さを
“おっとり”や“まったり”と勘違いしている人が
コリー飼いには、多いように思います。


コリーは、環境が変化した時には興奮性が高くて、
緊張のあまり、注意力散漫で、まるでコマンドを
無視しているように見える場合がありますが、
それは、反応が硬直しているのであって鈍摩では
ありませんから、叱る必要は滅多にありません。
時間をかけ馴らすことで改善します。


でも、十分慣れている自宅で、飼主への服従心が
低下してしまったが故の“おっとり”や“まったり”と
いったコマンドへの反応の鈍さは排除すべきです。


叱る時に感情的になってはいけないと書いている
飼育本は多いのですが、落ち着いた声で威厳を
持ってというのが不得手な人が実際には多いので、
だったら、“むっとして、怒気を持ち、その不快感を
短いコマンドに込めて犬に伝える”のが、犬には
分かりやすいと思います。コリーは人間の感情の
変化に敏感なので、特に分かりやすいと思います。


犬にとっての分かりやすさは、“簡略”であることと
“平常時との差が大きい”ということです。発する
言葉の音節は短く、平常心とはかけ離れた心持で
叱るのが、一番伝わりやすい叱り方です。


そして、簡単な「ハウス」のコマンドであっても、
命じた以上は、絶対に遂行させることです。犬が
入ろうとしないのを放置しないことです。人が犬を
ケージに押し込んででも「ハウス」は遂行させます。
1度でも遂行しないことを容認してしまえば、徐々に
命じたことを無視する、あるいは気付かないふりを
するようになります。


スーパーマーケットやデパート内で駆け回って、
エスカレーターで遊び、他人に迷惑をかけ放題の
危なっかしい幼児に対して、全く怒気を含まぬ声と、
全くきつさの無い目つきで、「○○ちゃん、だめよ」と
繰り返すお上品な母親のようなことだけはしないで
欲しいと思います。


=======================
「迷子のコリー」「迷子 コリー」「迷い犬 コリー」
これらの言葉を書き続けることで、上位にヒットする
ことを願って。

エアウーマン犬舎 http://airwoman.if.tv/
迷子のコリーの詳細情報

●犬ブログ・ランキングに参加しました。御協力よろしく
 お願い致します。クリックするだけでOKです。
にほんブログ村 犬ブログ コリーへ


にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ


にほんブログ村 犬ブログへ


odekakeL&A&R







1
2
3
4
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom