FC2ブログ

コリー達に囲まれて

ブリーダーとして、コリー達と共に過ごす日々の記録です。画像や動画や記事の無断使用を禁じます。


29
Category: 飼育   Tags: ---

エーテルの危険性

■コリーの子犬、生まれています■
http://airwoman.if.tv/08pups.html

ラフコリー専門ブリーダー
AIRWOMAN COLLIES
http://airwoman.if.tv/

=======================

運動場の椿の花が咲いているのに気付いたので、
犬達に与える前に、ちょっと撮影してみようかなと思い、
久しぶりにコンデジを持って来て、ブロック塀にもたれて、
カメラを構えていると画面に犬達が次々と入りこんで
きましたが、まともに写っていたのは2頭のみ。


母親のジョイと間違うくらいの大きさになったレモン。
顔の黒色の入り方が母娘で同じですが、黒い斑の
下にある右目が青ければ、レモンちゃん。貼っても
すぐに剥がされてしまうので、耳セットは中断。でも
半折れになるでしょう。


定点観測3-1



この子は、8月28日生のジュリアの子供2頭のうちの
男の子の方で、レオ君です。
ブログを書いた後、外れた耳セットをし直してから、
海岸へ歩行練習に行きます。子犬が何頭もいると
お互いの耳セットを引っ張り合うので、やっても無駄の
ようにも思えますが、オーナーさん達に薦めている手前
しないわけにもゆかず、でも何頭分もまとめて絆創膏を
カットするのは正直、面倒くさいですね。うちは皮膚が
ちくちくしないようにと、四角く切り分ける絆創膏全ての
4隅を面取りしますから。


定点観測3-3


余談ですが、うちでは決してオーナーさんにはお薦め
しないエーテル(ジエチル・エーテル)を耳セットの際の
ネバネバ取りに使うことを薦めるコリーやシェルティの
ブリーダーは多いですが、エーテルは引火性が非常に
高く、暖房した静電気が起きやすい部屋でエーテルを
使うことが、どれほど危険であるのかをオーナーさんに
お伝えしている人が、いったいどれくらいいるでしょうね。


丁寧にやれば、馬油でもベビーオイルでもネバネバは
取れますので、皮膚への刺激が強すぎるエーテルや
除光液等の薬剤の使用は、犬に対してはなさらない
方が良いと思います。
エーテル使用の際の人間への注意としても、手や皮膚に
付いた時は大量の水で洗い流せと書いているのですから、
塗布した後で洗い流すことのできない犬の耳の内側の
皮膚に塗布するのが良いはずありません。


耳セットをする人間の口や目には遠くても、耳セットを
される側の犬の口や目には非常に近いのだということは
揮発性が特別に高い薬剤を使用する際には、考慮して
やるべきことです。動物への思いやりというのは、ただ
スキンシップを取るとか、可愛い可愛いと言ってやるとか
だけでなく、こういう面が大切です。


なお、エーテルは、昆虫採集の標本作り用の液にも
使われているらしいので、お子さんがそういう趣味を
持っている場合は、保管に気をつけた方が良いです。
耳セット用に購入したエーテル同様、保管や使用時の
安全対策が不完全だと、思わぬ火災事故を招きます。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A8%E3%83%81%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%AB


http://www.nihs.go.jp/ICSC/icssj-c/icss0355c.html

=======================
「迷子のコリー」「迷子 コリー」「迷い犬 コリー」
これらの言葉を書き続けることで、上位にヒットする
ことを願って。


エアウーマン犬舎 http://airwoman.if.tv/
迷子のコリーの詳細情報


●犬ブログ・ランキングに参加しました。御協力よろしく
 お願い致します。クリックするだけでOKです。
にほんブログ村 犬ブログ コリーへ


にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ


にほんブログ村 犬ブログへ


odekakeL&A&R






1
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom