FC2ブログ

コリー達に囲まれて

ブリーダーとして、コリー達と共に過ごす日々の記録です。画像や動画や記事の無断使用を禁じます。


14
Category: 飼育   Tags: ---

犬の空間認識能力

■コリーの子犬、生まれています■
http://airwoman.if.tv/08pups.html

ラフコリー専門ブリーダー
AIRWOMAN COLLIES
http://airwoman.if.tv/

=======================

ここ数か月、ずっと気になっていることがあります。
犬の空間認識能力のことです。検索をかけても
犬の空間認識に関する詳細情報は見つけることが
できませんでしたが、一般的な空間認識能力に
ついては↓のように出ていました。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1222004812


なぜ、私が、犬の空間認識能力を気にするかと言うと
日に何度も6~10頭ずつグループ分けして運動場へ
トイレに出したコリー達に、頃合いを見て「ハウス」と
命じると、一斉に自分のバリケンやケージに駆けて
ゆくのですが、何度やっても自分のケージとは違う
ケージへ入る子と絶対に間違えない子が居るから
なのです。


うちでは、犬の年齢やメスのヒートや出産や気温
その他によって、犬達のケージの場所を変えます。
ですから、変えた直後は間違うのが当たり前なの
ですが、数か月もケージの場所を変えてないのにも
関わらず、毎度毎度、他の犬のケージに入っては、
私に「違う!ここ」と入り直しを命じられるマイヤの
ような子も居れば、確実に自分のケージまで他の
ケージをやり過ごして駆けてゆくピリカのような子も
いるのです。


屋内運動場の中に仕切られたケージスペースには
セントバーナードサイズの巨大ケージが3つ置いて
ありますが、3つとも全て入口を正面に向けています。
そして、その3つ並列に並んだケージと向かい合って
400号バリケンを1個置いていて、毛が抜けていて
寒そうなマイヤをそのバリケンに入れています。


質感が同じで並列に3つ並んだケージの中央と
左端を間違うのならともかく、向かい合った位置に
ある質感の異なるバリケンとケージとをマイヤは、
間違うのです。


なぜ間違うのか、空間認識能力が低いからなのか
あるいは、性質的にアバウトで、どこでもいいから
入れば、御褒美がもらえるだろうから早く入ろうと
いった考え方をしているのか、分かりません。


メガの場所は並列に3つ並んだケージの左端の
場所に決めていますが、扉が邪魔になっていたり
すると中央に入ってしまいますが、間違って質感の
異なるバリケンに入ったり、右端のケージに入ると
いうことはありません。左端または中央に入ります。


屋内運動場の中のマイヤやメガたちのケージの
置いてあるケージスペースから離れたコンクリート
部分には、壁にそって直列に1mずつ間をあけて
ケージ3つとバリケン1つを置いています。


入口の方から数えて1つ目があかりの場所、
次の2つ目がピリカの場所、3つ目は空のままに
していて、最後の4つ目のバリケンDX500号は
父母宅の玄関に一番近いので、声帯切除手術を
していなくて、けっこう吠えるタチのレックスを番犬
業務も兼ねて置いています。1つ目と2つ目の
ケージは同じ種類ですが、3つ目の空ケージは
サイズも大きく、種類が異なります。


直列に4つ並んだケージやバリケンで一番認識が
簡単なのは入口に一番近いケージで、2番目や
3番目は、認識が難しいと思いますが、ピリカは
1番目のあかり用のケージの扉が開いていても
そこを飛ばして2番目の自分のケージに入ります。


レックスの場合は、端っこにあって質感も異なる
バリケンなので、場所を間違えることがないのは
驚くことではないのですが、同じ種類、同じ大きさの
ケージが2つ直列に並んでいて、1番目のケージが
入りやすい状態であるのに、2番目へ向かうの
ですから、ピリカは、はっきり自分の入るべき場所を
認識しているということになります。


ただ、日中は、ピリカに、私が居る平屋のリビングの
2階建バリケンの上段に入るように命じることも
あるのですが、その場合は、3組作っている2階建
バリケンの3つの上段バリケンのどこに入るように
命じるかは私の気分次第なので、先走って、私が
命じる前に目についた場所に入ってしまうことも
あって、その場合は、入り直しをさせられます。


自分の場所の見極めの正確さ、不正確さは、単に
空間認識能力によるものだけでなく、犬の性質、
つまり、性急さ、大まかさ、生真面目さなども大きく
影響してくるので、ネズミなどを使った迷路での
方向感覚の実験のような正確なデータは得られない
だろうと思います。


でも、ボールを投げてやった時のキャッチする能力、
竹竿の先に付けた紐の先に硬くなった食パン等を
結びつけて、それを取らせるパン食い競争をさせた
時のキャッチする能力にも個体差があります。
ボールやパンと自分の口との距離感の掴み方の
上手な犬とそうじゃない犬がいるので、面白いなと
思います。

pankui



笑えるMOVIEを撮るためにやってみたことですが、
この馬鹿馬鹿しい遊びが、けっこう犬の生態観察にも
なっているのです。このパン食い競争は、猫を飼って
いた頃には、パンを煮干しにして、しょっちゅうやって
みていましたが、目の付き位置の関係でしょうが、
猫は空間認識能力や動体視力が優れているせいか、
犬よりも的確に素早くキャッチするように思います。


=======================
「迷子のコリー」「迷子 コリー」「迷い犬 コリー」
これらの言葉を書き続けることで、上位にヒットする
ことを願って。


エアウーマン犬舎 http://airwoman.if.tv/
迷子のコリーの詳細情報


●犬ブログ・ランキングに参加しました。御協力よろしく
 お願い致します。クリックするだけでOKです。
にほんブログ村 犬ブログ コリーへ


にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ


にほんブログ村 犬ブログへ


odekakeL&A&R







1
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom