コリー達に囲まれて

ブリーダーとして、コリー達と共に過ごす日々の記録です。画像や動画や記事の無断使用を禁じます。


12
Category: 飼育   Tags: ---

千の後を追って

■コリーの子犬、生まれています■
http://airwoman.if.tv/08pups.html

ラフコリー専門ブリーダー
AIRWOMAN COLLIES
http://airwoman.if.tv/

=======================

トライの男の子は、キャンセルのキャンセルとなりました。
反対する奥さまの許可を得られたそうです。この子は
あまりにも身軽で、8面サークルの角コーナー部分を
利用して右足を90度を成している右面にかけ、左足を
左面にかけて、一段ずつ登ってゆき、78cmをらくらく
脱走します。


その為、今は、父母宅のお勝手口に設置した120cmの
高さの8面サークルに入れて、人慣らしをしています。
昨日、同胎の第8子のブルーマールを空輸したので
1頭だけになり、寂しいはずですが、譲渡先でも1頭に
なるので、今から1頭で留守番する練習です。
saruzou



昨日と今日と、非常に良いお天気なので、山ほどの
犬用毛布を洗濯して、干しています。子犬たちが出て
行って、使っていない駐車場の78cmの8面サークル
2つは洗濯物を干すのに大活躍しています。
嫌なことばかり続いているので、お天気が良いのだけが
救いです。
mouhu



一昨日、千の後を追うように甥のコナンが死にました。
急性膵炎でした。
運動場での動き方がおかしいのに気づき、閉院時刻の
19時に病院へ行った時には、自分で歩け、ステップ
ワゴンの2列目のシートに自分で飛び乗りました。


でも嘔吐の原因が分からず、心臓も異常なし、毒物の
反応なし、腸閉そくもなし。注射だけ打ってもらって
帰宅し、自分の部屋に置いて、様子を見ましたが、
おう吐は治まらず、翌朝、死亡しました。


死後、心臓からの採血の結果、赤血球が十分にあるのに
低血糖だったので、急性膵炎を起こし膵液が膵臓自身を
溶かし、膵臓が接する様々な臓器をも溶かしてしまったの
だと判明しました。なんとなく様子が変だと気づいてから
約24時間後の死でした。
有機リン系農薬を踏んだ足を舐めて死んだ2頭目のコリー、
サリーの時よりもずっと死に至るのが早かったです。


急性膵炎は、毒物の誤飲と同じように、のたうち回るような
恐ろしい痛みに襲われるのだそうです。でも静かでした。
気性が穏やかで、我慢強い子だったからでしょう。
「急性膵炎を起こしてしまえば、治療をしても、わずかに
進行を遅らせることができるだけだ」と獣医さんに聞き、
もう数時間早く病院へ連れていっていたら・・・と思っても
無駄なのだと知りました。


体重が減り始めた時点で、年齢のせいにせず、予防的に
食事回数や内容を大きく変化させるべきだったのだろうと
思います。可哀想なことをしました。気がつけば、コナンの
亡くなった日は、祖父ヒューイの命日でした。


=======================
「迷子のコリー」「迷子 コリー」「迷い犬 コリー」
これらの言葉を書き続けることで、上位にヒットする
ことを願って。


エアウーマン犬舎 http://airwoman.if.tv/
迷子のコリーの詳細情報


●犬ブログ・ランキングに参加しました。御協力よろしく
 お願い致します。クリックするだけでOKです。
にほんブログ村 犬ブログ コリーへ


にほんブログ村 犬ブログへ


odekakeL&A&R




2
4
6
7
10
11
12
14
16
17
19
20
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom