FC2ブログ

コリー達に囲まれて

ブリーダーとして、コリー達と共に過ごす日々の記録です。画像や動画や記事の無断使用を禁じます。


22
Category: 飼育   Tags: ---

幸せな巡り合い

■コリーの子犬、生まれています■
http://airwoman.if.tv/08pups.html

ラフコリー専門ブリーダー
AIRWOMAN COLLIES
http://airwoman.if.tv/

=======================

一昨日、哺乳の合間にずっと気になっていたコナンの
シャンプーをしたら、首と肩の凝りが倍増し、腰痛も
ぶり返しそうだ。やはりオスのシャンプーは楽じゃない。


7月10日生まれのトライの女の子の譲渡先が決まり
ほっとしている。また、母犬が踏んで一時期、脊椎を
痛めていた6月1日生まれの子や成長ホルモンの出が
悪くて、普通のオスサイズになりそうもないチビッコの
トライも無料譲渡の里親さんが決まり、可愛がられ、
先住犬達と元気に暮らしている。友人のおかげで、
良い御家庭に恵まれ、感謝している。


子犬たちは、尾の先端5mmが無いとか、特別に小さい
とかの容貌の点でのハンディがあっても、身体能力や
健康面では全く普通の子犬と変わりない。


繁殖を何年も続けていると、対象物が生き物なので、
健全な父母犬を選んだとしても、どうしてもこういう
ケースは出てくる。歩けないような子や内臓疾患の
ある子なら譲渡はしないが、普通の生活のできる子は
良い御家庭を探す。今回のチビッコトライは、コリーは
好きだけど、大き過ぎて飼えないと諦めていた方の
ところへ行ったのである。幸せな巡り合いである。


本当に良い御家庭に恵まれ、幸せな子だと思う。
生まれて3日目には手を尽くしてもダメで死ぬだろうと
思っていた子なのに生き延びた。大いなる強運の
持ち主なのだろうと思う。昔、拾って飼っていた猫も
強運の持ち主だったのだが、こういう強運を持った
動物を飼うことは、飼い主さんに幸運をもたらすだろうと
私は、ずっと思ってきた。たぶん、当たっていると思う。


↓は、8月28日生まれの子犬たち。この胎は1頭だけ
120gの超未熟児が居たが、死なずに育った。非常に
発育がよくて、離乳食になってからは手がかからない
良い子たちである。4頭ともオーナー様募集中。

080918JUtai



●犬ブログ・ランキングに参加しました。御協力よろしく
 お願い致します。クリックするだけでOKです。
にほんブログ村 犬ブログ コリーへ


にほんブログ村 犬ブログへ


odekakeL&A&R



1
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom