fc2ブログ

コリー達に囲まれて

ブリーダーとして、コリー達と共に過ごす日々の記録です。画像や動画や記事の無断使用を禁じます。


05
Category: 動物全般   Tags: ---

リアス君が亡くなりました

ラフコリー専門ブリーダー
AIRWOMAN COLLIES
http://airwoman.if.tv/

画像、動画、文章の無断使用を禁じます。
Copyright (C) 2002-2024AIRWOMAN COLLIES All Rights Reserved
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★ブログ「ラフ・コリーを御存じですか?」も更新しています★

http://blog.goo.ne.jp/awcollies06/
BannerPictureRexBrandy
●エアウーマン犬舎メインブログのQRコードです。
QRコードブログ用小

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

2月1日に太郎と雅の息子のリアス君が亡くなったとオーナーさんから御連絡を頂きました。10歳8ヶ月なのでオスの平均寿命よりは早かったのですが、十分な看護をしてもらい、最期は苦しまずに亡くなったそうです。とても賢くて良い子だったとオーナーさんがおっしゃってました。

リアス君宅には同じ父母犬の組合せでちょうど1年後に生まれたトライのミルコ君という弟が居ます。
1歳違いとはいえ、遺伝子的には同胎の兄弟と同じです。同胎で同じ環境で育っても、うちのレモンとウォッカのように5歳も寿命が異なることもあるので、ミルコ君には頑張って長生きして欲しいと思います。






右手に腱鞘炎が起きたので、右手を休ませる為に5日間くらい犬舎の仕事はサポーターを付けて行い、工房での作業はせずに本を読んでました。

嗅覚に関する本や音声に関する本の他、昔から一応は教養的に読んでおく方が良いかなと思ってた源氏物語の現代語役を読んでみたのですが、1000年も昔に女性が大作を書き上げたこと以外には感心することはなかったです。

正直、なぜ多くの作家が絶賛するのか分からないです。私は20歳代からずっと脳生理学とか心理学とか動物行動学の本を読み漁ってきたので、小説の中で登場人物の心理がどのように描かれているのか興味がありました。

実は小説の短編を2回くらい書き上げたこともあります。
友人にとても物語を書くのが上手い人がいたので、自分はエッセイでは雑誌に掲載してもらったこともあり、ブログなどは何十年も書き綴っているので、つらつらと書くことは不得手ではないのですが、小説はどうやったら書けるのか分かりませんでした。

それで、まず渡辺淳一先生の書いた小説の書き方の本などを購入してから短編を書いてみました。そして、心理描写以上に風景などの描写が非常に難しいということを知りました。
なんとか応募に必要な枚数を書いて投稿しましたが、当然、入賞などはしませんでしたが、小説、
特に長編を書く人は凄いなと思うようになりました。

自分はミステリーが大好きですが、自分では書けそうもないので読むことに徹してます。
小学生の時に図書館で借りてコナンドイルを読み始めたのがきっかけで、その後、アガサクリスティ、エラリークイーン、松本清張、宮部みゆきと読破しました。
恋愛小説は申し訳程度にしか読んでませんが、漫画はかなり読みました。手塚治虫先生は最高だなと思ってます。東京に住んでいた頃、慶應病院の近くで先生とすれ違ったこともありました。
漫画家さんは頭がいい人が多いなと思いますし、漫画より小説の方が高尚だとは思いません。

物語を作る能力は非常に幼い頃に決まると書いていた本があったと思いますが、たぶん紫式部も幼いうちから能力を発揮していたのだと思います。
でも私は、なんで光源氏のような人間を主人公にしたのか、なぜ堅物の学者や読者が、サディズムの元である小説家マルキドサドが描いた異常性欲者のような光源氏を崇拝するのか理解できません。

遊び人的人や好奇心が強い人が崇拝するなら分からなくもないのですが、親が薦めるような進学や就職をし、年収の値踏みをして結婚相手を選んだ人が、性犯罪なんでもありの光源氏を好むのか理解不能です。マザコンに始まり、ロリコン、不倫は日常茶飯事、友人や従兄弟の妻と平気で肉体関係を持ち、ストーカーまがいのこともしてます。抜群の血統で、美貌と金が有り余り、芸事に秀でていたというだけで、人格的に尊敬できないし、面白味もない。私は、いったいいつ仕事してるんだ?とか発情期のメス犬を追いかけるオス犬よりひどいんじゃないか?と思いながら、角田光代さんの現代語訳を読んでいたのですが、末摘花のところまで読んで嫌になってやめました。

瀬戸内寂聴の解説文も読んでみたのですが、瀬戸内寂聴は自分の子供を捨てて男の元に走った人だから、私はそれほど好きではないのですけど、文章は分かりやすくて好きですし、そういう女性が源氏物語を好きなのは分からなくもないのですが、真面目な堅物タイプや打算で結婚相手を選ぶ人が
光源氏を好むのが分からないんですよね。

私は親が薦めるコースをことごとく逸脱して生きて来ましたし、堅物タイプや打算タイプは苦手です。変人タイプの方が好きですし、美形男子も好きですが、光源氏は嫌いです。

類稀な美人同士の会話でブサイクな人を嗤う場面とか貴族階級の会話で庶民を見下して喜ぶ場面とか
光源氏が自分に文句を言える人間はいないと自惚れる場面とかは
胸くそ悪くて、こういう文章を昔の貴族たちは朗読して喜んでいたのかと思うと、さらに胸くそ悪いです。昔の貴族社会は、たまたま裕福な貴族階級に生まれただけで少しも尊敬に値しない人間たちだらけだったんだなと思いました。

フランス貴族などもそんなだったから革命で絶滅になったんでしょう。光源氏は架空の人物ですけど、そういう肉欲しか頭にない美貌と血統だけの人間が誉めそやされる世界が1000年も続くなんてねぇと呆れもします。源氏物語は美化され過ぎているように思います。現代に置き換えれば光源氏は完全な性犯罪者です。美しくて高貴な生まれだからと許されるようなものではないですよ。手塚治虫先生や他の優れた漫画家さんが描く世界の方が情緒の機微や人間の苦悩や良心をちゃんと描いているように思います。

周りの人が皆、素晴らしいと言っているから素晴らしいと思っている人が多いのか、それとも有名な文化人や著名人が絶賛してるから良いと思っているのか、
いづれにせよ不快感が好奇心に優ってしまったので、末摘花から後は、解説文の斜め読みで終わりにしました。
「光源氏 クズ」で検索すると
色々出て来て面白いですが。

追記:↓のブログによると、文豪、森鴎外先生も
源氏物語が嫌いであったそうです。なんか嬉しいです。

https://yinamoto.hatenablog.com/entry/20090121/p1


●大手ハンドメイドサイトの中の私の作品のページです。
https://minne.com/awcollieskb

https://www.creema.jp/c/airwoman/item/onsale


ブログ・ランキングに参加しています。↓の子犬画像のクリックをお願い致します。

にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
にほんブログ村



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom