fc2ブログ

コリー達に囲まれて

ブリーダーとして、コリー達と共に過ごす日々の記録です。画像や動画や記事の無断使用を禁じます。


07
Category: 飼育   Tags: ---

恵ちゃんが亡くなりました

ラフコリー専門ブリーダー
AIRWOMAN COLLIES
http://airwoman.if.tv/

画像、動画、文章の無断使用を禁じます。
Copyright (C) 2002-2023AIRWOMAN COLLIES All Rights Reserved
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★ブログ「ラフ・コリーを御存じですか?」も更新しています★

http://blog.goo.ne.jp/awcollies06/
BannerPictureRexBrandy
●エアウーマン犬舎メインブログのQRコードです。
QRコードブログ用小

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


一昨日の10月5日の23:15に当犬舎繁殖の恵ちゃんが、
亡くなったと昨日の朝、オーナー様より御連絡を頂きました。
14歳のお誕生日を迎えることができず、13歳9ヵ月でした。
9月25日~28日の千葉旅行での元気な姿をインスタグラムで
拝見していたので、驚きました。亡くなった日のお昼まで
食欲もあり、元気にしていたのが突然、夕方に具合が悪くなり、
あっという間に逝ってしまったのだそうです。

犬として最高に恵まれた環境で、愛情をたっぷりかけてもらい
幸せに犬生を全うできた子でした。
コリーの資質の素晴らしさの全てを引き出し、恵ちゃんの才能を
伸ばして下さったオーナー様御夫婦には感謝しております。

ドッグダンスでは、聴覚障害者の方のドッグダンス体験の相手役を
務めて、何十分もローカル番組で放送されました。
フライボールではシニアクラスになっても頑張って出場しましたね。
JKCの会報にも載りました。

荼毘に付された今は、先に天国に行っている春ちゃんと共にオーナー様
御夫婦と仲間の犬達を見守ってくれていることでしょう。

9月下旬の千葉旅行での笑顔の恵ちゃんです。恵ちゃんの御冥福を
心よりお祈りします。

IMG_2938p1000.jpg

IMG_2939p1000.jpg

IMG_2940p1000.jpg

IMG_2758_20231007012618101.jpg

IMG_2759_20231007012620f64.jpg

私は、馬房内の事故で愛馬を失い、気力が失せたのと経済的な理由で
馬の道を断念し、子供の頃に飼えなかったコリーを飼い始めたのですが、
コリーを飼い始めるよりも前にアメリカより個人輸入したアジリティの
専門書にコリーが載っていました。
日本の何処にもアジリティを教える訓練所が無かった頃です。TVで
初めてアジリティを日本に紹介したのはムツゴロウさんだったと思うの
ですが、それよりも前にその本を個人輸入したように思います。

馬の本が欲しくて個人輸入を始めたのですが、たまたま犬の輸入雑誌で
アメリカの大きな訓練所が、犬具や本を販売しているのを知りました。
これからアジリティを始めるのにあたり、ドイツから輸入した本を
英語に翻訳して訓練所で販売をしていたのですが、手紙を送ったら
日本にも販売してくれるというので、エアメイルで注文しました。
NETの無い時代でした。
1ヵ月以上経って届いた黄色い表紙の本をめくっていてセーブルの
コリーがレンガの模様の高い障碍を跳び越している画像を見た時は
本当にうれしかったです。

犬の中で最も骨格が馬に似ているコリーがアジリティで飛んでる姿は
馬のミニチュアのようで見ていて楽しくなりました。アジリティは
獰猛だった軍用犬や警察犬に従順さを持たせるために馬術競技を参考に
考え出されたのだと本には書いてあったと思いますし、ムツゴロウさんも
そう語っていたように思います。

私が現役でコリー達に訓練していた頃には県内にアジリティ施設はなく
サンダーを預けた東広島市の訓練所には設備がありましたが、子犬達の
世話をしながら通えるわけもなく、自分ですることは考えられませんでした。
ですが、東北のレオン君やハナンちゃんがアジリティ競技に出るようになり、
文大君が茨城の国際大会にもスタッフが出場する有名なスクールに通って
アジリティをする文大君の動画を送ってもらったり、春ちゃんや恵ちゃんが
アジリティやフライボールで会報に載り、私の抱いた夢をかなえてくれました。

厩舎で長い時間を過ごした後で馬場に放ったサラブレッドが身体中で
喜びを表現して走り回る姿と緑の中で長い毛をなびかせて疾駆する
コリーの姿はどちらも神々しさに満ちていて、この上なく美しいと
思います。何十年経ってもその思いは変わりません。
正直、ドッグショーの速足では、あの神々しさは表現できないのです。
緑の中ではないですが、それに近いコリーの美しさが出るのが
アジリティです。だから好きなんだろうなと思います。

インスタグラムのお客様で馬の経験が豊富で、今は小型犬でアジリティを
なさっている方にアジリティの国際大会の有料放送があったと
教えてもらったのですが、その人のお知り合いの方が、今年の国際大会に
ラトビアのコリーが出ていたと画像付きでメタに載せていたそうです。
私が個人輸入したアジリティ専門書に載っていたコリーも東欧の
コリーだったのかもしれません。
東欧やイスラエルの紛争地帯は必要に迫られるせいか、非常に犬の
訓練のレベルが高いです。Youtubeでは、その訓練動画を
見ることができるはずなので、これから訓練やアジリティをする人は
是非、見てみて下さい。勉強になると思います。


●大手ハンドメイドサイトの中の私の作品のページです。
https://minne.com/awcollieskb

https://www.creema.jp/c/airwoman/item/onsale


ブログ・ランキングに参加しています。↓の子犬画像のクリックをお願い致します。

にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
にほんブログ村



2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom