fc2ブログ

コリー達に囲まれて

ブリーダーとして、コリー達と共に過ごす日々の記録です。画像や動画や記事の無断使用を禁じます。


20
Category: 犬の本   Tags: ---

タケル亡くなりました


ラフコリー専門ブリーダー
AIRWOMAN COLLIES
http://airwoman.if.tv/

画像、動画、文章の無断使用を禁じます。
Copyright (C) 2002-2023AIRWOMAN COLLIES All Rights Reserved
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★ブログ「ラフ・コリーを御存じですか?」も更新しています★

http://blog.goo.ne.jp/awcollies06/
BannerPictureRexBrandy
●エアウーマン犬舎メインブログのQRコードです。
QRコードブログ用小

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今朝の3時に寝た切りになった
タケルの様子を見に犬舎の建物に行ったら、既に死後硬直していました。

6月18日に様子がおかしいのに気付き、室内の
8面サークルにペットシーツや人工芝を敷いてから、他の犬達が騒ぐ中、抱き抱えてサークルに運んだのですが、その日は立つことが
できました。でも、19日には立ち上がれなくなりました。19日から食べ物は全く受けつけず、シリンジでなんとか白湯に溶かした黒糖や水を与えていましたが、死臭が出始め、黒い便をしたので時間の問題だと覚悟してはいましたが、本当にあっという間に亡くなりました。

今年になってから、たまによろけたり、立てないことはありましたが、18日まで御飯は
残さず食べていました。

油の多い物で便が緩くなりやすかったのですが、病気も怪我もせず
13歳と6ヶ月、犬舎のオスとしては最高齢での死亡でした。
伏せって1日で亡くなったのですから、ピンピンコロリの大往生。
親孝行な子です。

残した子孫は8頭と少なかったのですが、1度も病気せず13歳半まで生きたことは健全な種オスの証明をしたことになります。
よく頑張ってくれました。

私が運動場に出るとわちゃわちゃ状態になるので成犬達を個別で撮ることは滅多にないので、友人が
若い頃に種オス紹介の為に撮ってくれた画像しかありません。
手帳を読み返す方が犬達の記憶が鮮明に蘇ります。自分には子供が居ないので写真などを大量に残すのは自分の死後、周りに迷惑をかけることにもなるので、沢山撮らなくてもいいかなと
思ってます。

タケルの同胎の雅の方が先に介護生活に入りましたが、タケルの方が先に亡くなりました。雅も食べなくなっているので年内かなと思ってます。

雅とタケルの7ヶ月後で生まれたトトロとメイが歳を越せるかどうかですね。4頭同時介護はさすがに無理だろうと思っていたのですが、
それは免れました。
ただ猛暑を大型長毛の13歳が無事に乗り切れるかどうか微妙です。
エアコンはつけてますが、老化による脱水、内臓の働きの衰えは避けようがないですからね。
昨年より猛暑の度合いが低いことを祈るしかないです。



●大手ハンドメイドサイトの中の私の作品のページです。
https://minne.com/awcollieskb

https://www.creema.jp/c/airwoman/item/onsale




ブログ・ランキングに参加しています。↓の子犬画像のクリックをお願い致します。

にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
にほんブログ村



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom