FC2ブログ

コリー達に囲まれて

ブリーダーとして、コリー達と共に過ごす日々の記録です。画像や動画や記事の無断使用を禁じます。


13
Category: 飼育   Tags: ---

柴犬に咬まれる

ラフコリー専門ブリーダー
AIRWOMAN COLLIES
http://airwoman.if.tv/
banner08
「子犬情報」 http://airwoman.if.tv/puppies.html
画像、動画、文章の無断使用を禁じます。
Copyright (C) 2002-2018 AIRWOMAN COLLIES All Rights Reserved
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★ブログ「ラフ・コリーを御存じですか?」も更新しています★

http://blog.goo.ne.jp/awcollies06/
BannerPictureRexBrandy
●エアウーマン犬舎メインブログのQRコードです。
QRコードブログ用小

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

お知らせ
エアウーマン犬舎のサイトの中のハンドメイド作品の販売用のページ

http://airwoman.if.tv/Handmade16.html

CollieKeyHolderp300

=================================

2週間もブログを放置したので、更新しなければいけないのですが、
今日も忙しいので、箇条書きにしておきます。

10月1日(月)minneのハンドメイドアワードにホワイトタイガーの人形を
出品した。妹と母とで父の病院へ。

10月2日(火) 母をデイサービスに送り出す。
色鉛筆画を本格的に始めた。色々なメーカーの色鉛筆を取り寄せた。
上達したらパステル画と共にハンドメイドサイトに出品するつもり。

10月3日 パステル画始めた。といっても色鉛筆画同様、前から描いて
いるけれども、販売を意識して取り組むことにした。

10月4日(木)奉仕活動 お祭りののぼり立てと提灯運び。台風の為
のぼりは止め。うちの前の提灯の片方が暴風で上下に分かれてしまう。
修理はかなり高いらしい。母を乗せて父の病院へ行った。

10月5日(金)父の居る病院の連携室からTELが入り、遠くの療養型病院に
続き、近くの療養型病院から家族面談の要請あったそう。ここが本命。
入れる可能性が高くないと連絡して来ない病院なので、転院の見込み大。

10月6日(土)15年住んでいた借家からイトコの家族が引っ越すことになり
家の修復その他で相談。壁の穴、ドアノブの修理が必要だけど、畳はそのまま
使うことにした。私の工房の作業用に借家を使うことにしている。
2階から海と流行のカフェレストランのノースショアが見える。今年は昨年ほどの
行列は無いけど、時々行列が見える。

10月8日(月)奉仕活動 提灯の片づけに行き、太子堂で世間話色々。
もしもお祭りののぼりが倒れて、車や人を傷つけた場合の補償について。

10月9日(火) 朝、母をデイサービスに送り出し、借家に荷物を運び込む。
夕方から末の妹と一緒に近くの療養型病院へ家族面談に行く。
来週、転院できることになった。ここで見とりまでしてもらえることになり、ほっと
している。父方の祖母も、母方の祖母もお世話になった病院で、なんといっても
近いのがありがたい。


10月10日(水 )問屋さんが集金に来て、ドッグフード代を支払ってから
ディーンを乗せて、動物病院へ。
9月25日に病院で新しく届いたコルセットを装着してもらったのだけど、
夜にはすっぽ抜けて転がっていたので、1cmくらいきつくして留めたら、どうも
それが悪かったらしく、喉元とその下がコルセットとこすれて傷ができ、9日の
夜に血が見えて、化膿臭がしたので、動物病院へ連れて行った。広範囲に傷が
できて化膿していたので、しばらくコルセットも包帯もせず、塗り薬と飲み薬で
対処することになった。うちでは動き回っていて、走るのを止めさせるのが大変な
くせに病院へ来ると全く動かないので、駐車場から抱っこして運び、終わったら
診察室から車まで抱っこで移動。後で腰痛が出た。

Deen181010p900-IMG_8077.jpg


ディーンを車に運んで、受付でカウンターに貼り付くようにして立っていたら、突然、
柴犬に左のふくらはぎを咬まれた。初老の飼主のおばはんは、犬が私の脚を咬んだ
状態なのに、あやまりもせず、リードを引っ張ろうとするので、「ズボンが破れるから
引っ張るの止めて下さい」と言葉を荒げずに言ったが、犬が離れてからも頭を下げる
こともなければ、詫びを言うこともなく、座ったまま。バカか。

病院スタッフも私より、そのおばはんの方に気を使っているので、「血が出たから
消毒液出して下さい」と大きな声で受付に向かって言う。スタッフが人間用の救急箱を
持って来たが消毒液が入って無い。「さっき、ディーンに使ったオキシフルがあるでしょ。
あれ持ってきて下さい」と言ったら、若い看護師さんが持ってきてくれた。
カットバンを貼ってもらったが、帰宅して見てみたら、血がはみ出ていた。

画像は「すみません」の一言もなく、診察室に案内されてのろのろと歩いてい行く飼主、
柴犬の脚も少し写っている。病院のスタッフが「人を咬んだことない子なんですが」と
言ったが、現実、犬も連れずに立っている人間の傍に自分から寄ってきてしっかり
咬んでいるのである。飼主が無責任なんだから、その犬だって信用ならないと思う
べきなのである。
普段、かまってやる時間が無くて、やんちゃなディーンは、ひどい傷が出来て、その
傷口にバリカンを当てられても、オキシフルで消毒されても痛みに耐えて、一言も
文句を言わずに我慢してた。要は、飼主が他人に迷惑をかけない犬にするのだという
自覚を持っているかどうか。

咬み犬飼主181010p900-IMG_8082


友人が無責任な飼主に自覚を促す為にも大騒ぎをして傷が小さくても病院で診察して
もらう方が良いと言っていたので、次に咬まれたらそうしようと思う。別の友人に咬んで
離さない犬の引き離し方を教わった。鼻先狙うのが良いけど、昔、そうしていたように
余所の犬が集まる場所に行く時は普段から合皮の手袋持参するべきかな。私は
馬術用のを使っている。軍手だと牙が入るが、合皮のグローブなら青あざになるだけで
済むし、馬術用のは薄手で細かな作業もできる。これからは病院に行く時はポケットに
入れておこう。あの飼主、睨みつけて、犬に蹴りを入れておけば良かったと後悔する。

私は大型犬のコリーのオス同士の喧嘩を止めに入って、うっかり手に牙があたったことが
あるから、一般飼主よりは耐性がある。でも、猫しか飼ったことが無い人や、初めて犬を
飼った人も動物病院には来る。そういう人がいきなり咬まれたら、トラウマになる。
幼児だったら、生涯消えぬトラウマになる。リードを短く持って、自分の脇に犬を置くよう
動物病院側が飼主に徹底すべきだ。

柴犬に咬まれた傷の処置が終わって、市役所に寄ってから帰宅。ディーンを
ケージに入れて、すぐに母を乗せて父の居る病院へ行った。忙しい。

10月11日(木) 借家の2階で撮影会。今まで作った作品で手元にある物をずらっと
並べて友人に撮ってもらった。ハンドメイドサイトのminne のカバー写真用にする。
有名な作家さんの本やサイトのカバー画像みたいなのを撮ってくれたので大満足。
いつもありがとう。友人が別の友人からのプレゼントのドライフラワーの籠を持って
きてくれたので、早速飾った。可愛い作品をありがとうございます。

43880148_312337536227996_2361895708270788608_n.jpg


ドライフラワー頂き物181011p700-IMG_8088

前に撮ったパステル画のトラの絵を借家の2階でも撮影して、友人がスマホの
アプリで色調補正をしてくれた。私はスマホで加工できない(文字が見えない)の
だけど、ハズキルーペをかけてでも使い方を覚えるべきだわ。

PicturePastel181011p700-IMG_8094.jpg


10月12日(金) 母をデイサービスに送り出してから、借家に荷物を運ぶ。
ドアノブの修理の見積もりに業者さんに来てもらった。
明け方までかかって御注文品の羊毛絵を仕上げた。2L版。

NFpictureOrder181013p900-IMG_8100.jpg

撮影してくれた友人は最近、布の神様が降りて来ていて、とても可愛い
カメラのプリントのポーチをもらった。裏布が犬の絵になっているバッグも
見せてもらった。作業スペースが広くなったのでミシンが使えるからと思い、
アメリカのハンドメイドサイト2ヶ所からコリーの生地を取り寄せた。なんと
コリーのパピーの生地を発見。それが欲しくて、日本語表示が無いサイトの
アカウントを取って購入した。手間が要ったが届くのが楽しみ。
母の認知症が進行する前に販売品のレパートリーを増やすのが今の目標。
プラバンとクレイはお休みする。

クーピーで描いたレモンちゃん。元画像は昨年撮影。白髪入りだ。

Pictureクーピー181008p900-IMG_8029

チャリ君とパル君。手前のが油性色鉛筆で奥のが水性色鉛筆。私は筆圧が
小さいのでパステルの方が向いているとは思うが、色鉛筆画もやる!
いずれは学生の頃のように油絵もやってみたい。作業スペースが広がると
色々できて楽しい。母の認知症が進行して膝の痛みを感じなくなり徘徊が
始まると時間が無くなる。今のうちに何でもやっておく。

Picture色鉛筆181005p900-IMG_8009


●大手ハンドメイドサイトの中の私の作品のページです。
https://minne.com/awcollieskb

https://www.creema.jp/c/airwoman/item/onsale

https://tetote-market.jp/creator/awcollies/

https://www.iichi.com/shop/AWColliesKoubou


ブログ・ランキングに参加しています。↓の子犬画像のクリックをお願い致します。

にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
にほんブログ村

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆犬のプロ達も読んでいるブログメディア Dog Actuallyに寄稿しているサイエンス・
ライターの尾形聡子さんが書いた2014年1月発行の本です。犬の毛色に関係する
遺伝子座を10シリーズに分け、それぞれについて難解な遺伝について分かりやすく
解説してくれています。マール(ダップル)やハルクインの繁殖をするブリーダーは
是非とも読んでおきたい本ですが、体色を決定する遺伝子が病気と関連する場合も
多々あり、その病気のせいで訓練が上手くゆかない場合もありますので、訓練の
専門家や愛犬家にとっても価値のある本です。
よくわかる 犬の遺伝学: 健全性から毛色まで、知って役立つ遺伝の法則
◆著名な心理学者スタンレー・コレンが書いた本です。多くの愛犬家達が抱く、
犬の精神面と社会生活を送る上で生じた疑問、例えば、犬は嫉妬をするか、
犬は鬱病になるか、犬が人間の傷口を舐めると傷は早く治るのか、なぜ狼爪が
あるのか・・・などの71の疑問に答えてくれています。
犬と人の生物学: 夢・うつ病・音楽・超能力
◆初心者が子犬に教える時におかしやすいミスなども書かれてあり、なかなか
読みごたえのある本だと思います。私は、このシリーズは全て持っていますが、
プロのトレーナーさんにも役に立つ本として販売されています。
ドッグ・トレーナーに必要な「子犬レッスン」テクニック: 子犬の気質を読みながら、犬の語学と社会化を適切に学ばせる (犬の行動シミュレーションガイド) (犬の行動シミュレーション・ガイド)
◆↓の本には画像入りで犬達のボディランゲージがたくさん載っています。なにも
ドッグトレーナーにならなくても、防衛のために役に立つ本だと思います。私は
このシリーズの4冊全て、購入済みです。サブタイトルには、「犬の話す言葉
(ボディ・ランゲージ)が、ひと目でわかるようになる!」と出ていますが、
フリーになった時の犬の動作や行動を見る機会が乏しい人にはお奨めの本です。
ドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック: 犬の行動シミュレーション・ガイド
◆犬の病気に関する本を御紹介しておきます。私は1996年の初版本を持って
いるので、買ってから19年も経っています。表紙は破れ紙も焼けているの
ですが、手放せません。新しい情報がNETでいくらでも手に入る今でも、
これだけは手放せません。それくらい犬の専門家であるブリーダーの私が
頼りにしている本です。
bookInunobyoukip700left90
動物病院でもこの本を置いているところは多いそうです。たぶん、飼主さんに
説明をするのにとても便利だからだと思います。イラストの方が、病巣がどんな
風になっているのか、周辺の臓器との関係はどうなのかというのを説明する際、
エコーやレントゲン写真よりも分かりやすいからだろうと思います。
イラストでみる犬の病気 (KS農学専門書)
◆↓は、畑正憲氏の本です。ほかの誰とも違う豊かな飼育経験と深い洞察力と
細胞レベルで動物を知る(東大理学部動物学科卒)ムツゴロウさんならではの
見解が非常に勉強になり、私にとっては、ムツゴロウさんの本は全て宝物です。
ムツゴロウ先生の犬と猫の気持ちがわかる本
amazon画像リンク作成ツール
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★★★他のブログ2つも時々、更新しています。↓のトップページよりお入り下さい。
エアウーマン犬舎 http://airwoman.if.tv/
迷子のコリーの詳細情報



1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom