FC2ブログ

コリー達に囲まれて

ブリーダーとして、コリー達と共に過ごす日々の記録です。画像や動画や記事の無断使用を禁じます。


16
Category: 飼育   Tags: ---

新生児の預かり哺乳

ラフコリー専門ブリーダー
AIRWOMAN COLLIES
http://airwoman.if.tv/
banner08
「子犬情報」 http://airwoman.if.tv/puppies.html
画像、動画、文章の無断使用を禁じます。
Copyright (C) 2002-2017 AIRWOMAN COLLIES All Rights Reserved
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★ブログ「ラフ・コリーを御存じですか?」も更新しています★

http://blog.goo.ne.jp/awcollies06/
BannerPictureRexBrandy
●エアウーマン犬舎メインブログのQRコードです。
QRコードブログ用小

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

お知らせ
エアウーマン犬舎のサイトの中のハンドメイド作品の販売用のページ

http://airwoman.if.tv/Handmade16.html

CollieKeyHolderp300

=================================

毎日、深夜にパソコンを開いていましたが、届いたメールのチェックを
するだけで精いっぱい、とてもブログの更新はできませんでした。
それというのも犬達の世話、作品作り、父母の送迎に加えて、生まれて
4日目のミニチュア・シュナウザーの新生児の哺乳を頼まれ、25時間
預かり、哺乳をしていたからなのです。

頼んできたのは、うちの交配の介添をしてくれている繁殖業者の友人です。
忘年会で泊りがけで出かけねばならず(幹事でもしていたのでしょう)、
帝王切開で生んだ母犬が全く子犬達の世話をせず、雇っているスタッフ
だけでは新生児の哺乳まで手が回らないので、1日預かってくれないかと
頼み込んできました。うちも交配の際には無理を聞いてもらったりしているので
子犬6頭を預かって、哺乳瓶を使って哺乳をすることにしました。

1頭、小さい子が鼻の横の骨がくっ付いていないとかで縫合している為、
飲ませる際にはコツが要るのだと説明を受けたので、「じゃ、カテーテルに
するわ」と言うと、友人は、うちの何十倍もの数の繁殖をしているくせに
カテーテルを使うことに不安があるようで、内心、嫌がっているのが
分かったので、「じゃぁ、哺乳瓶にしておくわ」と言って引き受けました。
だから、大変だったのです。カテーテルなら6頭居ても短時間で哺乳を終え、
誤嚥性肺炎にする危険度も下がるのですが、時間のかかる哺乳瓶での
哺乳、しかも誤嚥性肺炎を起こしやすい口元に奇形がある子犬まで居ます。

それでも哺乳はまだ良いのです。苦労なのは排泄なのです。脱脂綿をお湯に
浸してから絞ったものでお尻回りを優しくマッサージしたり叩いたりして排便を
促すのですが、すぐに出るとは限らないのです。ずっとうつむいての作業なので
うつむいてスマホでメールを打つのと同じようにとても首や肩が凝ります。
それも椅子に座ってではなく子犬を入れた段ボールの横で床に座り込んでの
作業なので腰も痛くなってきます。

哺乳自体はラフコリーもミニチュアシュナウザーも同じなのですが、哺乳を
始めてすぐにしまったと思いました。皆、焦げ茶色なので、区別がつかず
どの子に飲ませたのか、どの子が排便をしたのか分からないのです。
1頭に哺乳をしながら、箱の中の子犬達の動きに注目していたのですが
新生児でもけっこう動き回るので、すぐに重なり合って、さっき飲ませた子は
どっちだったのだろう???ということになります。

最終的にはお腹の膨らみで判断したのですが、もしも間違ってしまって
哺乳するのを忘れたら、130gそこそこの新生児にとっては命取りです。
すぐに脱水状態に陥ってしまいます。

そこで1回目の哺乳のあとで毛糸を引っぱり出して来て、6頭に異なる色の
毛糸で首輪をつけました。うちの繁殖犬のコリーの赤ちゃんに付ける時は
かぎ針で編んだものを付けるのですが、編んでいる時間はないので、そのまま
付けました。
男の子には寒色系、女の子には暖色系の毛糸を付け、随分と分かりやすく
なりました。性別による色分けをしておくと、排尿を促す時、オシッコが出てくる
方向が分かるので、膝にかけているバスタオル等を汚さずに済みます。

↓はミニチュア・シュナウザーの生後4日の新生児6頭。
IMG_5268p800.jpg


↓は今年の1月に生まれ、アルカリ乳の為、すぐにカテーテルでの人工哺乳に
切り替えたじぇじぇの3頭の子犬たちです。ミニチュアシュナウザーと同じく
生後4日の画像です。コリーの方が個体識別が楽ですね。
一番上のトライがキース君、セーブルはパル君とレナちゃん。
IMG_5261.jpg


子犬達を友人に引き取ってもらうまでは父母の病院への送迎も日を変えて
もらっていたので、友人に子犬を渡した後は、母の用事であちこちへ出かけて
おりました。だから、受注品の人形はあまり進んでいません。
なんとかハスキーのお顔だけ作りました。

それにしてもクリスマス・オーナメントを新生児を預かる前に仕上げておいて
良かったです。6頭の哺乳の最中に仕上げることはできなかったと思います。
子犬を預かっている間、暖房をつけて室温を上げていたので、調子が狂って
しまいました。13日の午後から14日の午後まで預かったのですが、16日に
なっても疲れが抜けず、あちこち凝りがひどいですね。

ブログの更新ができなかったので、せっかく送って下さっていた画像のUPが
できず、すみませんでした。

まず、岩手のリアス君(セーブル)とマルコ君。ワン連れ列車の旅やオフ会を
楽しんだそうです。

LiasMirco171211p1000-DSC_2738.jpg

LiasMirco171211p1000-DSC_2752.jpg


脚の怪我のリハビリが大変だったシニアのマルロー君。カートに乗せてもらい
御機嫌ですね。

リハビリの病院でs

カートs


仲良しのチャリオッツ君とパル君。そして2頭に似せて作ったクリスマス・
オーナメントと1月が来れば一周忌になる猫のミミリンちゃんのオーナメント。
ミミリンちゃんは東北の大震災を生き抜き長寿猫の表彰もしてもらった子です。
他犬種とチンチラ猫の御注文も頂きました。

IMG_5696.jpg

IMG_5701.jpg


NFstrapXmasOrnament171210p900-IMG_5230_2017121601252756f.jpg


オーナメント用に大きなツリーを購入なさったそうです。モールや電球の
飾りつけはまだだそうですが、それでもいい感じですね。

IMG_5717.jpg

IMG_5712.jpg

IMG_5714.jpg

IMG_5713.jpg


↓は先日、シェルティのストラップをお送りしたH様より頂いた画像です。
お嬢さんがホノルルマラソンに参加する為、私が作ったベルちゃんの
人形にベルちゃんの遺髪を上から刺し込み、ハワイへ連れて行ったのだ
そうです。お嬢さんはベルちゃんが農薬で亡くなる前、いつも一緒に練習で
走っていたそうです。きっとベルちゃんはお嬢さんと一緒にマラソンを走り
たかっただろうと思います。

NFstrapBellchan171215p675-IMG_5271.jpg


制作中のハスキー人形のお顔です。インスタグラムに載せたらすぐに外国の
ハスキー飼いの方々がいいねを押したり、フォローしてくれたりしていました。
合格点ということでしょうか。

NFdollHusky171215p900-IMG_5284.jpg


クリスマスシーズンなので、通常よりも随分と日数がかかったのですが、
アメリカのハンドメイドサイトのEtsy で購入したラフコリーとシェルティの
生地が月曜に届き、翌日、イスラエルの彫金作家さんからお願いしていた
ラフコリーの純銀製の指輪が届きました。

EtsyCollieclothe171212p900-IMG_5252.jpg

EtsyCollieRing171212p900-IMG_5266.jpg


中国の会社が、この作家さんのデザインを完全コピーし、銀やプラチナではなく
安価で質の悪い金属のラフコリーのアクセサリーパーツを大量に販売しています。
本来のデザインでは、販売している作品は純銀、金、プラチナなのです。私には
銀しか買えませんが一生大事にするつもりです。
他犬種の物も素晴らしいデザインで、ドーベルの指輪のデザインなど秀逸です。
https://www.etsy.com/jp/shop/SiberianArtJewelry?ref=l2-shopheader-name&search_query=rough+collie

前に見たNHKの番組で、たしかアメリカの学者がアルバイトで集めた学生たちを
2つのグループに分けて、両方のグループに本物のブランド品のサングラスを
貸出しました。
そして片方のグループには本物だと告げ、もう片方のグループには本物で
あるのに偽物のコピー品なのだと告げました。

そのあと(羊毛の人形作りをしながら聞いていたので大雑把なことしか覚えて
いないのですが)、学者は、2つのグループの学生にテストの正解数を自己申告
させました。実験の目的はそこにあります。本物を身に付けた時と偽物を身に
付けた時に態度が変わるかどうかではなく、その後の行動、正解数の自己申告が
どうなるかなのです。

本物なのに偽物だと思い込まされてブランド品のサングラスを身に着けていた
学生のグループの方が、本物を本物だと言われて身に着けていた学生たちより
虚偽の報告が多かったのだそうです。
つまり、偽物を身に着けることを良しとすると、物事をごまかすことに対する
罪悪感が減る傾向にあるのです。怖いなと思いました。
冗談のつもりでブランド品のコピーを身に着ける人もいるでしょうが、まがい物を
身に着け、それに慣れることで内面、道徳観が変わり、平気でごまかしたり、
嘘をつくようになる可能性が高いということなのです。まがい物が身に着ける人の
精神を蝕むのです。恐ろしいですね。
↓のブログに概要が載っています。
http://blog.ymsro.com/2014/02/blog-post_8.html



●大手ハンドメイドサイトの中の私のページです。
https://minne.com/awcollieskb

https://www.creema.jp/c/airwoman/item/onsale

https://tetote-market.jp/creator/awcollies/


ブログ・ランキングに参加しています。↓の子犬画像のクリックをお願い致します。

にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
にほんブログ村

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆犬のプロ達も読んでいるブログメディア Dog Actuallyに寄稿しているサイエンス・
ライターの尾形聡子さんが書いた2014年1月発行の本です。犬の毛色に関係する
遺伝子座を10シリーズに分け、それぞれについて難解な遺伝について分かりやすく
解説してくれています。マール(ダップル)やハルクインの繁殖をするブリーダーは
是非とも読んでおきたい本ですが、体色を決定する遺伝子が病気と関連する場合も
多々あり、その病気のせいで訓練が上手くゆかない場合もありますので、訓練の
専門家や愛犬家にとっても価値のある本です。
よくわかる 犬の遺伝学: 健全性から毛色まで、知って役立つ遺伝の法則
◆著名な心理学者スタンレー・コレンが書いた本です。多くの愛犬家達が抱く、
犬の精神面と社会生活を送る上で生じた疑問、例えば、犬は嫉妬をするか、
犬は鬱病になるか、犬が人間の傷口を舐めると傷は早く治るのか、なぜ狼爪が
あるのか・・・などの71の疑問に答えてくれています。
犬と人の生物学: 夢・うつ病・音楽・超能力
◆初心者が子犬に教える時におかしやすいミスなども書かれてあり、なかなか
読みごたえのある本だと思います。私は、このシリーズは全て持っていますが、
プロのトレーナーさんにも役に立つ本として販売されています。
ドッグ・トレーナーに必要な「子犬レッスン」テクニック: 子犬の気質を読みながら、犬の語学と社会化を適切に学ばせる (犬の行動シミュレーションガイド) (犬の行動シミュレーション・ガイド)
◆↓の本には画像入りで犬達のボディランゲージがたくさん載っています。なにも
ドッグトレーナーにならなくても、防衛のために役に立つ本だと思います。私は
このシリーズの4冊全て、購入済みです。サブタイトルには、「犬の話す言葉
(ボディ・ランゲージ)が、ひと目でわかるようになる!」と出ていますが、
フリーになった時の犬の動作や行動を見る機会が乏しい人にはお奨めの本です。
ドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック: 犬の行動シミュレーション・ガイド
◆犬の病気に関する本を御紹介しておきます。私は1996年の初版本を持って
いるので、買ってから19年も経っています。表紙は破れ紙も焼けているの
ですが、手放せません。新しい情報がNETでいくらでも手に入る今でも、
これだけは手放せません。それくらい犬の専門家であるブリーダーの私が
頼りにしている本です。
bookInunobyoukip700left90
動物病院でもこの本を置いているところは多いそうです。たぶん、飼主さんに
説明をするのにとても便利だからだと思います。イラストの方が、病巣がどんな
風になっているのか、周辺の臓器との関係はどうなのかというのを説明する際、
エコーやレントゲン写真よりも分かりやすいからだろうと思います。
イラストでみる犬の病気 (KS農学専門書)
◆↓は、畑正憲氏の本です。ほかの誰とも違う豊かな飼育経験と深い洞察力と
細胞レベルで動物を知る(東大理学部動物学科卒)ムツゴロウさんならではの
見解が非常に勉強になり、私にとっては、ムツゴロウさんの本は全て宝物です。
ムツゴロウ先生の犬と猫の気持ちがわかる本
amazon画像リンク作成ツール
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★★★他のブログ2つも時々、更新しています。↓のトップページよりお入り下さい。
エアウーマン犬舎 http://airwoman.if.tv/
迷子のコリーの詳細情報



1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom