FC2ブログ

コリー達に囲まれて

ブリーダーとして、コリー達と共に過ごす日々の記録です。画像や動画や記事の無断使用を禁じます。


29
Category: 飼育   Tags: ---

コリー:老犬リズ病院へ

ラフコリー専門ブリーダー
AIRWOMAN COLLIES
http://airwoman.if.tv/
banner08
「子犬情報」 http://airwoman.if.tv/puppies.html
画像、動画、文章の無断使用を禁じます。
Copyright (C) 2002-2017 AIRWOMAN COLLIES All Rights Reserved
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★ブログ「ラフ・コリーを御存じですか?」も更新しています★

http://blog.goo.ne.jp/awcollies06/
BannerPictureRexBrandy
●エアウーマン犬舎メインブログのQRコードです。
QRコードブログ用小

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

お知らせ
エアウーマン犬舎のサイトの中のハンドメイド作品の販売用のページ

http://airwoman.if.tv/Handmade16.html

CollieKeyHolderp300

=================================

1月に胃捻転の手術をした12歳7ヶ月のリズが、エアコンの効きが悪く
なった頃から食べなくなり、暑さのせいかなぁと思っていたのですが、
新しいエアコンになってからも食べてくれません。
肝臓か腎臓でも悪いのかもと心配になり、昨日、動物病院に連れてゆき、
胃捻転の手術の執刀医の先生に診て頂きました。

レントゲンと血液検査をしてもらった結果、胃が十分に働いておらず、
腸にガスが溜まっていて、食べたがらないのだと分かりました。
胃捻転の手術で胃を縫いとめて捻じれないようにしていますが、動きが
悪くて腸管がガスだらけになって食欲不振では衰弱してしまいます。
年も年だし少しの脱水でも危ないので、点滴もしてもらいました。

Liz170828p800-IMG_4357.jpg


ガスを取り、胃の働きをよくする薬をもらい、強制的にでも歩かせるようにと
言われました。幸い、胃捻転の手術の時に数値が悪かった肝機能は
ギリギリセーフ、腎臓は心配が無いとのことでした。心臓なども大丈夫では
あったのですが、後肢が子犬のように後ろへ流れて、人間のうつ伏せ
大の字のような恰好になり、立ち上がれませんでした。うちの繁殖犬は
関節がしっかりはまっているので、こういう体勢になる成犬は居ないの
ですが、リズの場合、後肢が弱ってしまって後ろへ滑り、12年と5ヶ月
ぶりに赤ちゃんのような恰好になってしまいました。

病院の床が滑りやすいせいもあったのですが、抱え上げて、外に出す
までが大変で、夜中に異様に腰が痛いと思ったら、無理な体勢でリズの
お腹を片手で持ち上げながら前屈みで歩いたせいでした。
すぐに妹に頼んで夏用の介護ベストを作ってもらうようにしました。
今日、早速使っていない人間用の小ぶりのリュックを裁いて、介護用の
幅広のベルトタイプの介護ベストを作って来てくれ、これはいいわと思って
リズに着せたら、少々、小さ過ぎたので改良してもらうことにしました。

うちの土の運動場だったらお腹を支えなくても歩けるのですが、タイルとか
リノリウムの床だと滑って立ち上がれないようです。
朝の5時過ぎからは老犬達を運動場に出しているのですが、暑くなってからは
サークルの中なのでほとんど動きません。散歩に出せる時間帯は他の犬達の
世話で忙しいので、敷地外へ散歩に出せるようになるのは9月の半ば以降に
なるでしょうね。

認知症の気配はないですが、手術の直後は名前も分からず認知症のような
症状が出ていました。うちの繁殖犬のオーナーさんから聞いたのですが、
人間の場合も老人だと手術の食後に認知症のようになることが多いのだ
そうです。麻酔の影響が老いると強く脳に出るのでしょうね。コリーにはMDR1
遺伝子欠損の問題もあるので、老いたコリーの手術には認知症に発展する
危険があるということでしょうね。


リズの事があって、昨日、ブログにUPできなかったのですが、日曜日に
オードリーちゃんとキース君のお宅におじゃまして、美味しい野菜や果物を
色々頂いてきました。
じゃれ合っている2頭を見ると若いっていいなぁとかコリー2頭飼育の頃が
一番楽しかったなと思ったりしていました。
2頭が入っている2階建てケージの大きさ、高さにびっくりでした。室内常設の
障碍はお手製で、洋服かけを利用して作った物だと聞いて、また驚きました。
廊下のサイズにぴったりで市販品よりも使い勝手が良いなと思いました。
いつでもどこでも練習できるのが一番いいです。

オードリー&キース170827p900-IMG_4347

キース170827p900-IMG_4349

オードリー170827p900-IMG_4350



昨日は、古いレジンを使い切っておこうと思って、買い溜めしていたレジン用の
資材を使って、コリーのものさしや名刺入れやアクセサリーを色々作りました。
粘土やレジンは古くなり過ぎると使えないので、短期間で使い切るようにして
おかねばなりません。今回の作品は販売用ではありません。どんな風になるか
興味があって買い揃えていたレジン枠や物差しなどの資材とガラス絵具とレジンと
ビーチグラス等で作ってみただけなので。

GPicture170828p900-IMG_4361.jpg

AcceResin170828p700-IMG_4354.jpg

AcceResin170828p900-IMG_4353.jpg


●大手ハンドメイドサイトの中の私のページです。
https://minne.com/awcollieskb

https://www.creema.jp/c/airwoman/item/onsale

https://tetote-market.jp/creator/awcollies/


ブログ・ランキングに参加しています。↓の子犬画像のクリックをお願い致します。

にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
にほんブログ村

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆犬のプロ達も読んでいるブログメディア Dog Actuallyに寄稿しているサイエンス・
ライターの尾形聡子さんが書いた2014年1月発行の本です。犬の毛色に関係する
遺伝子座を10シリーズに分け、それぞれについて難解な遺伝について分かりやすく
解説してくれています。マール(ダップル)やハルクインの繁殖をするブリーダーは
是非とも読んでおきたい本ですが、体色を決定する遺伝子が病気と関連する場合も
多々あり、その病気のせいで訓練が上手くゆかない場合もありますので、訓練の
専門家や愛犬家にとっても価値のある本です。
よくわかる 犬の遺伝学: 健全性から毛色まで、知って役立つ遺伝の法則
◆著名な心理学者スタンレー・コレンが書いた本です。多くの愛犬家達が抱く、
犬の精神面と社会生活を送る上で生じた疑問、例えば、犬は嫉妬をするか、
犬は鬱病になるか、犬が人間の傷口を舐めると傷は早く治るのか、なぜ狼爪が
あるのか・・・などの71の疑問に答えてくれています。
犬と人の生物学: 夢・うつ病・音楽・超能力
◆初心者が子犬に教える時におかしやすいミスなども書かれてあり、なかなか
読みごたえのある本だと思います。私は、このシリーズは全て持っていますが、
プロのトレーナーさんにも役に立つ本として販売されています。
ドッグ・トレーナーに必要な「子犬レッスン」テクニック: 子犬の気質を読みながら、犬の語学と社会化を適切に学ばせる (犬の行動シミュレーションガイド) (犬の行動シミュレーション・ガイド)
◆↓の本には画像入りで犬達のボディランゲージがたくさん載っています。なにも
ドッグトレーナーにならなくても、防衛のために役に立つ本だと思います。私は
このシリーズの4冊全て、購入済みです。サブタイトルには、「犬の話す言葉
(ボディ・ランゲージ)が、ひと目でわかるようになる!」と出ていますが、
フリーになった時の犬の動作や行動を見る機会が乏しい人にはお奨めの本です。
ドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック: 犬の行動シミュレーション・ガイド
◆犬の病気に関する本を御紹介しておきます。私は1996年の初版本を持って
いるので、買ってから19年も経っています。表紙は破れ紙も焼けているの
ですが、手放せません。新しい情報がNETでいくらでも手に入る今でも、
これだけは手放せません。それくらい犬の専門家であるブリーダーの私が
頼りにしている本です。
bookInunobyoukip700left90
動物病院でもこの本を置いているところは多いそうです。たぶん、飼主さんに
説明をするのにとても便利だからだと思います。イラストの方が、病巣がどんな
風になっているのか、周辺の臓器との関係はどうなのかというのを説明する際、
エコーやレントゲン写真よりも分かりやすいからだろうと思います。
イラストでみる犬の病気 (KS農学専門書)
◆↓は、畑正憲氏の本です。ほかの誰とも違う豊かな飼育経験と深い洞察力と
細胞レベルで動物を知る(東大理学部動物学科卒)ムツゴロウさんならではの
見解が非常に勉強になり、私にとっては、ムツゴロウさんの本は全て宝物です。
ムツゴロウ先生の犬と猫の気持ちがわかる本
amazon画像リンク作成ツール
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★★★他のブログ2つも時々、更新しています。↓のトップページよりお入り下さい。
エアウーマン犬舎 http://airwoman.if.tv/
迷子のコリーの詳細情報



1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom