コリー達に囲まれて

ブリーダーとして、コリー達と共に過ごす日々の記録です。画像や動画や記事の無断使用を禁じます。


04
Category: 飼育   Tags: ---

コリー:台風被害無し

ラフコリー専門ブリーダー
AIRWOMAN COLLIES
http://airwoman.if.tv/
banner08
「子犬情報」 http://airwoman.if.tv/puppies.html
画像、動画、文章の無断使用を禁じます。
Copyright (C) 2002-2017 AIRWOMAN COLLIES All Rights Reserved
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★ブログ「ラフ・コリーを御存じですか?」も更新しています★

http://blog.goo.ne.jp/awcollies06/
BannerPictureRexBrandy
●エアウーマン犬舎メインブログのQRコードです。
QRコードブログ用小

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

お知らせ
エアウーマン犬舎のサイトの中のハンドメイド作品の販売用のページを
手直ししています。まだまだ時間がかかりそうですが、リンクを貼って
おきます。

http://airwoman.if.tv/Handmade16.html

CollieKeyHolderp300

=================================

台風は四国を横断したみたいですが、うちのあたりは毎回、上手い具合に
コースをそれてくれるみたいで、外出時に服が濡れたくらいの大雨で、
暴風雨というほどではありませんでした。他の県の人には申し訳ないの
ですが、地形のおかげなのか、まるで油にはじかれる水のように台風が
それます。

可笑しかったのは、オープン以来、連日入り口前に行列ができている
道路を挟んだ斜め向かいのノース・ショアの駐車場ががら空きだったことです。
毎日毎日、凝りもせず、暑い中で行列作って待っているなぁと思っていたの
ですけど、さすがに台風が来る日に海の風景が売りのハワイアンな雰囲気の
レストランに来る人は居なかったですねぇ。
うちの母親はデイケアのイベントのフラダンスを見に、台風が迫っている中、
浮き浮きと出かけて行きましたが。

今日は御注文品のクレイでできたトライのコリーのイヤリングのニス塗りを
しました。両面に塗らねばならないので、塗った後は、くっつかないように
フックにぶら下げておくのですが、マグネットのフックをくっ付けておける
スペースに限界があるので、着色した物の半分は後回しになりました。
ブログを書いてから2度目のニス塗りをして、数日かけて乾かしたら金具を
付けて完成です。

ClayAcceEarringCollieTr170704p700-IMG_3810.jpg


クレイ作品のニス塗りをする間は羊毛フェルトには触れませんので、昨日の
段階の画像を載せておきます。羊毛を切る時に非常に細かい毛羽が出るので
ニス塗りした直後の作品がある傍では羊毛フェルトの作業はできません。
羊毛フェルトの馬はパロミノという毛色ですが、まだ表面をきれいにならして
いません。尾の付け根の位置を変えようかなと思っていますし、尾とタテガミを
もっとトリミングしなければなりません。

NFdollHorsePalomino170703p800-IMG_3799.jpg

参考画像3枚のうちの1つ。金茶色の毛に白いタテガミと尾を持つ馬が
パロミノです。
IMG_2581.jpg

犬作品同様、馬作品でも骨格図を見ながら作っていますが、やっぱり、コリーは
犬の中で一番馬に近い骨格を持っているような気がします。ボルゾイよりも
アフガンハウンドよりもラフコリーの骨格が馬に近いのじゃないかと思います。
作りながら、ここをこうすれば馬になり、ここをこうすればラフコリーになるという
ポイントがあって、そういうのを発見できるのが面白いです。
犬のスタンダードを勉強していた時は2次元感覚でしたが、自分で立体作品を
作っていると、コリーの頭部はここが出っ張って、ここがへこんでとミリ単位で
3次元感覚として理解できます。

コリー人形の体高(床から肩甲骨まで)は14cmくらいで作ることが多いので
実物のラフコリーのオスメス平均の体高を60cmと考えれば、実物の約23%、
だいたい4分の1の物を作っていることになります。
ということは、実物のラフコリーの瞼の上のへこみが2mmならば、人形は
0.5mmのへこみを針で作るわけです。そのくらいしなければ、そっくりには
なりません。細かな作業ですが、だんだん似てくると、人形ではなくペットが1頭
増えたような気持ちになってきます。

亡くなった犬や猫の思い出に羊毛フェルトのそっくり人形を欲しがる人が多いのは、
手触りのせいなんでしょうね。
動物のメモリアル人形にはクレイとか木彫りとか色々ありますが、手触りが
似ているのは羊毛フェルトだけです。
特に植毛用ストレート毛の手触りは、非常にラフコリーのブルーマールの毛の
手触りに似てます。
いつか今日が命日のブランディの人形やブルーマールのレックスの人形も
作ってみたいのですが、もっと技術が向上してからにしようかなと思います。

NFdollDogCollieBM170629p900-IMGP8757.jpg

https://minne.com/awcollieskb

https://www.creema.jp/c/airwoman/item/onsale

https://tetote-market.jp/creator/awcollies/


先日、オーナー様から送って頂いたソロモン君の画像を載せておきます。
元気に10歳を迎えました。色々な所へ旅行に連れてもらっている子ですから
できるだけ長生きして、各地を旅してまわって欲しいですね。

ソロモン君10歳p500

今日の子犬です。延ばし延ばしになっている子犬のシャンプーと耳セットを
早く済ませて友人に撮影をお願いしなければ、自分では上手く撮れません。
薄暗い中でのブレブレ画像ですが、4月12日生の子犬です。北海道の
方からは何も御連絡が無いので、地震が来て、それどころじゃなくなった
可能性もありますね。不安を感じるお宅には出したくないし、当分、繁殖の
予定は無いので、気長にオーナーさんが決まるのを待つことにします。

Mako1fS170704p900-IMG_3809.jpg




ブログ・ランキングに参加しています。↓の子犬画像のクリックをお願い致します。

にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
にほんブログ村

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆犬のプロ達も読んでいるブログメディア Dog Actuallyに寄稿しているサイエンス・
ライターの尾形聡子さんが書いた2014年1月発行の本です。犬の毛色に関係する
遺伝子座を10シリーズに分け、それぞれについて難解な遺伝について分かりやすく
解説してくれています。マール(ダップル)やハルクインの繁殖をするブリーダーは
是非とも読んでおきたい本ですが、体色を決定する遺伝子が病気と関連する場合も
多々あり、その病気のせいで訓練が上手くゆかない場合もありますので、訓練の
専門家や愛犬家にとっても価値のある本です。
よくわかる 犬の遺伝学: 健全性から毛色まで、知って役立つ遺伝の法則
◆著名な心理学者スタンレー・コレンが書いた本です。多くの愛犬家達が抱く、
犬の精神面と社会生活を送る上で生じた疑問、例えば、犬は嫉妬をするか、
犬は鬱病になるか、犬が人間の傷口を舐めると傷は早く治るのか、なぜ狼爪が
あるのか・・・などの71の疑問に答えてくれています。
犬と人の生物学: 夢・うつ病・音楽・超能力
◆初心者が子犬に教える時におかしやすいミスなども書かれてあり、なかなか
読みごたえのある本だと思います。私は、このシリーズは全て持っていますが、
プロのトレーナーさんにも役に立つ本として販売されています。
ドッグ・トレーナーに必要な「子犬レッスン」テクニック: 子犬の気質を読みながら、犬の語学と社会化を適切に学ばせる (犬の行動シミュレーションガイド) (犬の行動シミュレーション・ガイド)
◆↓の本には画像入りで犬達のボディランゲージがたくさん載っています。なにも
ドッグトレーナーにならなくても、防衛のために役に立つ本だと思います。私は
このシリーズの4冊全て、購入済みです。サブタイトルには、「犬の話す言葉
(ボディ・ランゲージ)が、ひと目でわかるようになる!」と出ていますが、
フリーになった時の犬の動作や行動を見る機会が乏しい人にはお奨めの本です。
ドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック: 犬の行動シミュレーション・ガイド
◆犬の病気に関する本を御紹介しておきます。私は1996年の初版本を持って
いるので、買ってから19年も経っています。表紙は破れ紙も焼けているの
ですが、手放せません。新しい情報がNETでいくらでも手に入る今でも、
これだけは手放せません。それくらい犬の専門家であるブリーダーの私が
頼りにしている本です。
bookInunobyoukip700left90
動物病院でもこの本を置いているところは多いそうです。たぶん、飼主さんに
説明をするのにとても便利だからだと思います。イラストの方が、病巣がどんな
風になっているのか、周辺の臓器との関係はどうなのかというのを説明する際、
エコーやレントゲン写真よりも分かりやすいからだろうと思います。
イラストでみる犬の病気 (KS農学専門書)
◆↓は、畑正憲氏の本です。ほかの誰とも違う豊かな飼育経験と深い洞察力と
細胞レベルで動物を知る(東大理学部動物学科卒)ムツゴロウさんならではの
見解が非常に勉強になり、私にとっては、ムツゴロウさんの本は全て宝物です。
ムツゴロウ先生の犬と猫の気持ちがわかる本
amazon画像リンク作成ツール
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★★★他のブログ2つも時々、更新しています。↓のトップページよりお入り下さい。
エアウーマン犬舎 http://airwoman.if.tv/
迷子のコリーの詳細情報



1
5
7
9
10
12
13
15
16
19
20
21
22
24
26
27
28
29
30

top bottom