コリー達に囲まれて

ブリーダーとして、コリー達と共に過ごす日々の記録です。画像や動画や記事の無断使用を禁じます。


20
Category: ドッグスポーツ   Tags: ---

コリー:恵ちゃんTV出演

ラフコリー専門ブリーダー
AIRWOMAN COLLIES
http://airwoman.if.tv/
banner08
「子犬情報」 http://airwoman.if.tv/puppies.html
画像、動画、文章の無断使用を禁じます。
Copyright (C) 2002-2016 AIRWOMAN COLLIES All Rights Reserved
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★ブログ「ラフ・コリーを御存じですか?」も更新しています★

http://blog.goo.ne.jp/awcollies06/
BannerPictureRexBrandy
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

2016年6月9日と10日に2頭のメスが出産。
セーブルのオスのオーナー様を募集中です。
60歳代以上の御家族のみの場合には保証人が必要です。また、
法律で対面販売が義務付けられていますので、1度、御来舎頂く必要が
あります(四国の愛媛県です)。


BlogTopPuppies

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

子犬の哺乳、父母の送迎、そして先日は14歳のメガが立てなくなり
しばらく傍についていたりしたので、ブログは数日に1度の更新です。
フェイスブックの方は、後から記事を探すのは厄介ですが、新しい
記事を載せるのは簡単なので、毎日、他愛ないこと、そして、たまに
深刻なことを載せています。
ほとんど公開記事にしておりますので、フェイスブックのアカウントが
あれば、御覧になれます。

うちのジョイとブランディの間に生まれ、6歳になった大阪の恵ちゃんが
京都テレビと神奈川のテレビで土曜に放送されている聴覚障害者番組
「目で聴くテレビ」の5月28日放送分の「チャレンジかおり」のコーナーで
「ドッグダンスに挑戦」というのがあり、それに出演しました。
聴覚障害者の方が初めてドッグダンスに挑戦する際の相手役に
撮影場所となった犬の訓練施設BIG DOGのトレーナーさんより依頼され
大役を務めました。
放送時間はかなり長く、私は、オーナーさんからコピーした動画を送って
もらって番組を見たのですが、非常にコリーの優しさやお行儀のよさが
よく出ていました。

色がセーブルですから、とても優雅に見えますし、恵ちゃんは放映された
時間だけでも長いのに、実際の撮影は何時間もかかったにも関わらず、
集中力を切らさず、最後まで頑張って初心者の方、しかもハンディのある
方を相手にしっかりと演技をしていました。
もし障害者用の番組では無かったら、大きな反響があったと思えるような
出来栄えでした。かつて日本において、名犬ラッシーの映画やドラマ以外で
これほど長い時間、しかも大写しでコリーがテレビに出たことは無いのじゃ
ないかと思います。

恵ちゃんのお宅には年上の春ちゃん(福とレックスの娘)とフラット・コーティッド
レトリバーが居るのですが、うちのサイトのドッグスポーツのページのドッグ
ダンスの動画で、よく吠えている方が恵ちゃんです。
http://airwoman.if.tv/DogSports.html

オーナーさんが、テレビ局から送られてきた動画をコピーして送ってくれたの
ですが、著作権の関係でUPできません。
残念ながら京都テレビのYouTube動画にもBIG DOGのサイトにも現時点では
UPされていないので、お見せできないのが残念です。
オーナーさんとダンスする時には春ちゃんと違って、恵ちゃんは嬉しいのか
よく吠えるのですが、初対面のかおりさんが相手だと遠慮があるみたいで
静かに演技をしていました。

ドッグダンスがあるのを御存じない方は多いのですが、↓のジョージ君の
オーナーさんもそうでした。恵ちゃんのテレビ出演のことをお伝えしたら
うちのサイトの動画を御覧になったみたいで、感動したとおっしゃって
いました。このオーナーさんは北京オリンピックのシンクロの選手であった
方なので、その方が感動するというのは大したものです。シンクロナイズド
スイミングは水中のダンス、あるいは新体操みたいなスポーツです。
ですから専門家に褒めてもらったようなものですから、恵ちゃん春ちゃん
オーナーさんは自慢して良いですよ。今後も是非、頑張って下さい。


↓は昨年、7月29日生まれ、真とトトロの間に生まれたジョージ君です。
幼い頃は黄緑色の毛糸の首輪を付けていました。お利口さんですし
可愛いお顔をしていて性質が温厚なので周囲の方たちにも人気だ
そうです。
有名人で多忙なオーナーさんなので、普段はオーナー様の御実家で
パワフルなお母様がお1人で大小取り混ぜ5頭の犬達の世話をして
いらっしゃいます。

ジョージ君160619-1

ジョージ君160619-2




恵ちゃんが出た番組の動画はUPを禁じられているので、お姉ちゃん犬の
春ちゃんとオーナーさんのドッグダンスの動画と恵ちゃんのフライボールの
動画だけ載せますが、テレビの方はまるっきりの初心者にも分かるように
ドッグダンスの解説を字幕でしてくれているので、もしコリーでドッグダンスを
してみたいとお思いの方がいらっしゃったら、オーナー様より送って頂き
私が保存している番組の動画ファイルをメールに添付して送信することは
できます。NETに載せたらテレビ局や制作会社から文句が出るでしょうが、
個人的な閲覧ならば大丈夫です。ただ、容量が大きいので携帯への送信は
難しいと思います。






6月9日生まれの真胎4頭と10日生まれのじぇじぇ胎4頭、母犬2頭は共に
食欲不振ですが、子犬達は食欲旺盛です。私が忙しくて、哺乳の間隔が
開きがちですが、それでも丸々と太っています。あと数日で目が開きます。

MJpups160618

MJpups160619-1

MJpups160619-2





今日は父母を乗せて病院と親戚を回らねばならないので、できないかも
しれませんが、プラバンの出品用の作品の絵だけできました。時間が
取れれば焼いて縮めてストラップを付けて作品にします。
前回、絵の具の厚塗りで失敗したので、今回は油性マジックで薄く着色
しました。左からホワイトポメ、ハチワレ、茶トラです。先日、羊毛フェルトの
チワワのブローチが売れたので、補充をしなければならないのですが、
プラバンのチャームの方もチワワを作った方が良いかもしれません。
なんといっても飼育頭数の多い犬種の作品を用意しておくのは工房主と
しては大切なことですから。


Puraban160619




ブログ・ランキングに参加しています。クリックよろしくお願い致します。
にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
にほんブログ村

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆犬のプロ達も読んでいるブログメディア Dog Actuallyに寄稿しているサイエンス・
ライターの尾形聡子さんが書いた2014年1月発行の本です。犬の毛色に関係する
遺伝子座を10シリーズに分け、それぞれについて難解な遺伝について分かりやすく
解説してくれています。マール(ダップル)やハルクインの繁殖をするブリーダーは
是非とも読んでおきたい本ですが、体色を決定する遺伝子が病気と関連する場合も
多々あり、その病気のせいで訓練が上手くゆかない場合もありますので、訓練の
専門家や愛犬家にとっても価値のある本です。
よくわかる 犬の遺伝学: 健全性から毛色まで、知って役立つ遺伝の法則
◆著名な心理学者スタンレー・コレンが書いた本です。多くの愛犬家達が抱く、
犬の精神面と社会生活を送る上で生じた疑問、例えば、犬は嫉妬をするか、
犬は鬱病になるか、犬が人間の傷口を舐めると傷は早く治るのか、なぜ狼爪が
あるのか・・・などの71の疑問に答えてくれています。
犬と人の生物学: 夢・うつ病・音楽・超能力
◆初心者が子犬に教える時におかしやすいミスなども書かれてあり、なかなか
読みごたえのある本だと思います。私は、このシリーズは全て持っていますが、
プロのトレーナーさんにも役に立つ本として販売されています。
ドッグ・トレーナーに必要な「子犬レッスン」テクニック: 子犬の気質を読みながら、犬の語学と社会化を適切に学ばせる (犬の行動シミュレーションガイド) (犬の行動シミュレーション・ガイド)
◆↓の本には画像入りで犬達のボディランゲージがたくさん載っています。なにも
ドッグトレーナーにならなくても、防衛のために役に立つ本だと思います。私は
このシリーズの4冊全て、購入済みです。サブタイトルには、「犬の話す言葉
(ボディ・ランゲージ)が、ひと目でわかるようになる!」と出ていますが、
フリーになった時の犬の動作や行動を見る機会が乏しい人にはお奨めの本です。
ドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック: 犬の行動シミュレーション・ガイド
◆犬の病気に関する本を御紹介しておきます。私は1996年の初版本を持って
いるので、買ってから19年も経っています。表紙は破れ紙も焼けているの
ですが、手放せません。新しい情報がNETでいくらでも手に入る今でも、
これだけは手放せません。それくらい犬の専門家であるブリーダーの私が
頼りにしている本です。
bookInunobyoukip700left90
動物病院でもこの本を置いているところは多いそうです。たぶん、飼主さんに
説明をするのにとても便利だからだと思います。イラストの方が、病巣がどんな
風になっているのか、周辺の臓器との関係はどうなのかというのを説明する際、
エコーやレントゲン写真よりも分かりやすいからだろうと思います。
イラストでみる犬の病気 (KS農学専門書)
◆↓は、畑正憲氏の本です。ほかの誰とも違う豊かな飼育経験と深い洞察力と
細胞レベルで動物を知る(東大理学部動物学科卒)ムツゴロウさんならではの
見解が非常に勉強になり、私にとっては、ムツゴロウさんの本は全て宝物です。
ムツゴロウ先生の犬と猫の気持ちがわかる本
amazon画像リンク作成ツール
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★★★他のブログ2つも時々、更新しています。↓のトップページよりお入り下さい。
エアウーマン犬舎 http://airwoman.if.tv/
迷子のコリーの詳細情報



1
3
5
6
8
9
11
13
14
15
16
19
20
22
23
25
26
27
28
29
30
31

top bottom