コリー達に囲まれて

ブリーダーとして、コリー達と共に過ごす日々の記録です。画像や動画や記事の無断使用を禁じます。


14
Category: 繁殖   Tags: ---

コリーの子犬:ペットショップ繁盛の後始末

ラフコリー専門ブリーダー
AIRWOMAN COLLIES
http://airwoman.if.tv/
banner08
「子犬情報」 http://airwoman.if.tv/puppies.html
画像、動画、文章の無断使用を禁じます。
Copyright (C) 2002-2016 AIRWOMAN COLLIES All Rights Reserved
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★ブログ「ラフ・コリーを御存じですか?」も更新しています★

http://blog.goo.ne.jp/awcollies06/
BannerPictureRexBrandy
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

昨日は父母を病院へ送って行く日だったのですが、自宅に着いて車を
停めたら、そばに小さいツツジが咲いていました。もうツツジが咲くような
温かい季節になったんだなと思うとちょっと憂鬱です。普通は喜ぶのだと
思うのですが、犬達の飼育頭数が増えるにつれて、寒いのは大好きで
暑いのや温かいのは嫌いになりました。特に湿気が多くて暑いのは最悪、
気温が20度を超すと気分が悪いですね。犬が舌を出さずに過ごせる
季節が私にとっても快適な季節です。

Tutuji


今年は父母の病院への送迎をしなければならないので、エアコンが使えず
暑さを堪えながら運転しなければなりません。父の糖尿病が進行していて
寒がるので、ちょっと汗ばむような日でも車の窓を開けることができないのが
辛いです。父母を降ろしたとたん、窓全開にしています。

子犬は離乳食を最初に食べさせるのも楽でしたが、スプーンから食べるのから
お皿から食べるのに移行するのも楽にできました。実は、なかなか自力排泄が
できず、便秘気味で排便させるのが大変だったのです。
それが、4月12日に箱から抜け出したのを機に、段ボールの保温箱を止めて、
パネルでサークルを半分に仕切り、ヒーターマットの上にペットシーツを敷いて、
広い範囲を自由に動けるようにしたのと離乳食を増やしたのが良かったのか
自力排泄ができるようになりました。排便の為にかなりの時間をかけていたので
自分で排泄してくれるようになり、とても楽になりました。

11日に撮影していた4本目の動画をまだ載せていなかったので、載せておきます。
もう1本は13日に撮影した動画です。子犬は離乳食が始まる頃までは犬というより
猫のような鳴き方をするのですが、今は犬っぽいワンに近い声で鳴くこともあります。






13日の動画は哺乳と離乳食を終えてヒーターマットの方へ戻してすぐの撮影です。
戻したとたんオモチャを振り回して遊びますし、隣りに居るレモンに興味を示すように
なりました。私がかまってやるとじゃれついて挑んで来ます。

身体のグレイ部分が少し濃くなり、鼻の色素も濃くなってきています。
ただ、目の色はまだ分かりません。マール遺伝子を持つ子ですから、両目または
片目がブルーになることがあります。

この子は珍しいハルクイン遺伝子を持った子と思われますが、日本ではコリーの
ハルクイン遺伝子について載せたのは私くらいで、他に載せているところは
ありませんから、アメリカの研究者のサイトを見るしか詳しい情報を得る手段は
ありません。

ハルクイン遺伝子はマール遺伝子に付随するので、マール×マールの繫殖を
しさえしなければ、ハルクイン遺伝子がダブルになって胎児死亡を起こすことは
ありません。
300数十頭のコリーの子犬を取り上げて初めて出くわしたハルクイン遺伝子を
持つ子犬です。死産だった第1子もハルクイン遺伝子を持っているようでした。
うちの血統にはホワイトファクターは入っていないので、非常に白毛の面積が
多い子ですが、たぶんハルクイン遺伝子とホワイトファクターとは直接の関係は
無いのではないかと思われます。

May2mBM160413-1

May2mBM160413-2


最近、皮膚に関する本を取り寄せ読んでいるのですが、メラノサイトの事が出ていて
それは犬の毛色におけるマール遺伝子やハルクイン遺伝子にも関係することなので、
人間用の本ではありますが、とても興味深く読んでいます。

もう1つ、毛に関して面白いと思うことを昨晩のTV番組で知りました。さんまの
「ホンマでっか!?TV」の後半30分くらいを見たのですが、ゲストの専門家が
アメリカのFDA(ドッグフードの安全性などを認可する公的機関)が認可した
世界で初の育毛ヘルメットがあるのだと言っていました。
IPS細胞を利用した育毛も研究されているようですが、育毛ビジネスは莫大な
利益を生むから開発に必死なのでしょうねぇ。
http://www.fujitv.co.jp/honma-dekka/
↓のブログのNo.28です。
http://blg.mania-info.com/?eid=8762
育毛ヘルメットの画像と動画が載っています。
http://rocketnews24.com/2014/06/30/459756/

人間は毛を生やすのに必死かと思うと、永久脱毛にも夢中な人が居て、エステで
自分だけ脱毛するのではなく、子供にまで脛の永久脱毛をする人が居るそうです。
親として問題ありなんじゃないかなと思います。永久脱毛することで毛穴に汚れや
皮脂が溜まりやすくなり、発汗作用に支障が出ます。そういうことを幼い子供に
行うのは、いくら本人が産毛が目立って嫌だと言っても、脱毛などさせるべきじゃ
ないと思いますね。
レーザー使うにしろ、他の方法を使うにしろ、発汗作用に影響が出ると健康面で
害が出ますから、するべきじゃないです。美容の前に健康ありきです。

犬の場合もサマーカットは腹部あたりに留める方がよくて、紫外線が当たる部分を
刈りこんでしまうと毛根が死んだり弱ったりして、もとの綺麗な毛が生えてこなくなる
場合があります。だから、うちでは老犬のサマーカットをする場合、お腹と四肢と
首の毛を短くハサミでカットするだけで、バリカンで刈ったりしません。背中の毛を
刈りこむとむしろ日光の暑さを直接感じ、紫外線のダメージを受けてしまいます。
毛はイスラムのサリーと同じように暑さ避けにもなっています。背中は触らず、
脇や内股や腹部の毛、特にアンダーコートを抜いてやると暑さ対策になります。
見栄えは悪くなりますが、首の胸側の毛を半分の長さに切り、風通しを良くする
だけで食欲が戻ってきたりします。

暑さ対策で思い出しましたが、先日見た愛護団体の方のブログで、里親を希望し
犬を引き取ろうとするお年寄りで、御自分がエアコンが嫌いなもので、犬の為に
エアコンをつけてやろうとしない人が多いのだそうです。身体から発汗ができない
犬にとってはエアコンが無いのは死活問題ですから、譲渡の条件にエアコンが
入っているそうです。

その愛護団体の方が書いていたのですが、ここ数年、飼主自身による犬の
保健所への持ち込み、つまり遺棄が増えているのだそうです。で、はっとしたの
ですが、交配の介添をしてくれている友人の繁殖業者が言っていたのですけど、
ここのところ犬のペットショップや市場での売買は盛んで年々売れる数が増えて
売値も高値なのだそうで、非常に景気が良いのだとか。

ということは、愛護団体の方のブログと合わせて考えれば、年々増えている
犬の飼育者の大半がまともに飼育ができていなくて、犬を持て余して自らが
遺棄していることになります。極端な言い方をすれば、「ペットショップが繁盛」
イコール「遺棄され愛護団体が世話する犬の数が増える」ということになります。

ソフトバンクのCMの影響でホワイトポメの乱繫殖、やがては遺棄という構図が
見えています。犬の性質や自分の適性も考えずに飛びつく人間が一番悪いの
でしょうが、そういう人をけしかけて売りつけるショップの店員も悪いのです。
後先考えずにCMに起用したソフトバンクにも責任があるように思います。

ポメはキャンキャンと吠えやすい犬種で、けっこう気が強く、骨折しやすいという
マイナス面も伝えた上で販売すべきです。そうしないから高値で売れたあとで
遺棄されることになります。うちのようにそういうことを煩く言って、念押しして
販売していても譲渡後数週間から数ヶ月でポイと捨てられるケースがあります。
マイナス面を何も伝えず、適性、環境も考慮せずに売りつけた犬が、やがては
捨てられるのは当然と言えば当然なのかもしれません。



ブログ・ランキングに参加しています。クリックよろしくお願い致します。
にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
にほんブログ村

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆犬のプロ達も読んでいるブログメディア Dog Actuallyに寄稿しているサイエンス・
ライターの尾形聡子さんが書いた2014年1月発行の本です。犬の毛色に関係する
遺伝子座を10シリーズに分け、それぞれについて難解な遺伝について分かりやすく
解説してくれています。マール(ダップル)やハルクインの繁殖をするブリーダーは
是非とも読んでおきたい本ですが、体色を決定する遺伝子が病気と関連する場合も
多々あり、その病気のせいで訓練が上手くゆかない場合もありますので、訓練の
専門家や愛犬家にとっても価値のある本です。
よくわかる 犬の遺伝学: 健全性から毛色まで、知って役立つ遺伝の法則
◆著名な心理学者スタンレー・コレンが書いた本です。多くの愛犬家達が抱く、
犬の精神面と社会生活を送る上で生じた疑問、例えば、犬は嫉妬をするか、
犬は鬱病になるか、犬が人間の傷口を舐めると傷は早く治るのか、なぜ狼爪が
あるのか・・・などの71の疑問に答えてくれています。
犬と人の生物学: 夢・うつ病・音楽・超能力
◆初心者が子犬に教える時におかしやすいミスなども書かれてあり、なかなか
読みごたえのある本だと思います。私は、このシリーズは全て持っていますが、
プロのトレーナーさんにも役に立つ本として販売されています。
ドッグ・トレーナーに必要な「子犬レッスン」テクニック: 子犬の気質を読みながら、犬の語学と社会化を適切に学ばせる (犬の行動シミュレーションガイド) (犬の行動シミュレーション・ガイド)
◆↓の本には画像入りで犬達のボディランゲージがたくさん載っています。なにも
ドッグトレーナーにならなくても、防衛のために役に立つ本だと思います。私は
このシリーズの4冊全て、購入済みです。サブタイトルには、「犬の話す言葉
(ボディ・ランゲージ)が、ひと目でわかるようになる!」と出ていますが、
フリーになった時の犬の動作や行動を見る機会が乏しい人にはお奨めの本です。
ドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック: 犬の行動シミュレーション・ガイド
◆犬の病気に関する本を御紹介しておきます。私は1996年の初版本を持って
いるので、買ってから19年も経っています。表紙は破れ紙も焼けているの
ですが、手放せません。新しい情報がNETでいくらでも手に入る今でも、
これだけは手放せません。それくらい犬の専門家であるブリーダーの私が
頼りにしている本です。
bookInunobyoukip700left90
動物病院でもこの本を置いているところは多いそうです。たぶん、飼主さんに
説明をするのにとても便利だからだと思います。イラストの方が、病巣がどんな
風になっているのか、周辺の臓器との関係はどうなのかというのを説明する際、
エコーやレントゲン写真よりも分かりやすいからだろうと思います。
イラストでみる犬の病気 (KS農学専門書)
◆↓は、畑正憲氏の本です。ほかの誰とも違う豊かな飼育経験と深い洞察力と
細胞レベルで動物を知る(東大理学部動物学科卒)ムツゴロウさんならではの
見解が非常に勉強になり、私にとっては、ムツゴロウさんの本は全て宝物です。
ムツゴロウ先生の犬と猫の気持ちがわかる本
amazon画像リンク作成ツール
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★★★他のブログ2つも時々、更新しています。↓のトップページよりお入り下さい。
エアウーマン犬舎 http://airwoman.if.tv/
迷子のコリーの詳細情報



2
4
6
7
10
11
12
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom