コリー達に囲まれて

ブリーダーとして、コリー達と共に過ごす日々の記録です。画像や動画や記事の無断使用を禁じます。


15
Category: 繁殖   Tags: ---

コリー:4連続

ラフコリー専門ブリーダー

AIRWOMAN COLLIES
http://airwoman.if.tv/

banner08

   「子犬情報」 http://airwoman.if.tv/puppies.html

          画像、動画、文章の無断使用を禁じます。
Copyright (C) 2002-2016 AIRWOMAN COLLIES All Rights Reserved

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★ブログ「ラフ・コリーを御存じですか?」も更新しています★
http://blog.goo.ne.jp/awcollies06/
BannerPictureRexBrandy

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

昨日の午前中、介添人の都合で1日早くメイの触診をしてもらうことになり、
またもや不受胎だと言われました。
初めから多くを期待してはいませんでしたが、交配相手のオスを変えても
4回連続して不受胎となると、排卵が起きなくなっている可能性があります。
1歳、2歳で6頭ずつ産んだのち、全く妊娠しません。すごく元気で痩せても
太ってもおらず、祖母のミリオン、母のメガと母系は多産なのに、なんでかな~
という感じです。

メイが不受胎と分かったので、真のヒートが来るのを待ち、セーブルマールの
タケルをかけて、なんとかブルーマールが生まれるようにしたいと思います。
ですが、御予約を頂いているだけの頭数は生まれないと思いますので、
どうしてもブルーマールが欲しい方は、長期戦でお待ち頂くしかないです。
申し訳ないのですが、今、ブルーマールの種オスも若い台メスも居ないので
御容赦願います。トライについては、どの胎でも生まれますので大丈夫です。
セーブルも現役の種オスも台メスも頭数がおりますので、大丈夫です。

メイがこんなことになると分かっていたら、2回目の繁殖で美しいブルーの
メスが産まれていたのを手元に残したのですが、後の祭りです。こういう
想定外のことばかり起きます。私は夢ということばがあまり好きじゃないので
過度の期待を持ちはしないのですけど、過度の落胆は勘弁して欲しいです。

あんまり嬉しくないことばかり起きるので、作品作りに没頭して憂さ晴らしを
しています。おかげで、かなり技術的に向上したと思います。
買い溜めしている羊毛フェルトの材料を暑くなり羊毛を触る気がしなくなるまでに
作品として完成させておきたいと思ってます。同じことだけしていると飽きるので、
コリーの人形の植毛を仕上げる前に何か猛獣、豹かホワイトタイガーあたりの
人形の土台を作ってみようと思っています。

NHKの「地球ドラマチック」という野生動物が多く出てくる番組を見るのが好きなの
ですが、再放送の豹の番組を食い入るように見ていました。前に見た番組でしたが、
自分で作ろうと思って見るのと、ぼんやり見るのとでは全く見え方が違います。

羊毛フェルトの人形やブローチを作っていて一番楽しいのは、目元が仕上がった
時です。チクチクと針で羊毛を押し込みながら、「猫になった」とか「命が宿った」と
思う瞬間があります。その瞬間が最も好きです。


↓は未完状態の猫のブローチです。

NFWhiteCat160214

↑の子は、御希望により↓の日本猫の白猫になりました。

NFbrooch160215

↓は右端が今回作った物ですが、結局、以前に作ったのと同じサイズになって
しまいました。顔だけなら小さくできるのですが、コリーの気品や華やかさを
出すにはエプロン(胸の白い毛)をある程度、入れねばならず、そうすると
ついつい長くなってしまいます。今回、顔は前に作った物より上手くできたと
思います。中央のを母に渡すことにしました。あとの2つは販売可です。

ミニサイズのコリーのブローチの右端は、亡くなったアメリカのトップサイアー
だった犬の普段の写真がコリー・エクスプレッションという輸入雑誌に載って
いたのでそれを参考にしました。その犬の血が、うちのブランディにも入って
いますから、雰囲気は似てます。

miniCollies160215

ブランディの肺炎は咳は続いてますが、食事は残さず食べています。
ジャスミンは状態変わらず、食事は完食なので、このまま手作り食を足して
行きます。具合の悪い老犬2頭にもジャスミンとほぼ同じ物を与えています。

メガの後肢はお天気が回復したら少し良くなったみたいです。もう少し気温が
上がったら体調が良い日を選んで洗っておかねばなりません。たぶん長時間、
立っていられないだろうから、サマーカットほどではないとしても、シャンプー前に
かなり毛を短くカットしておく方が良いかもしれません。


ブログ・ランキングに参加しています。クリックよろしくお願い致します。

にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
にほんブログ村

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

◆犬のプロ達も読んでいるブログメディア Dog Actuallyに寄稿しているサイエンス・
ライターの尾形聡子さんが書いた2014年1月発行の本です。犬の毛色に関係する
遺伝子座を10シリーズに分け、それぞれについて難解な遺伝について分かりやすく
解説してくれています。マール(ダップル)やハルクインの繁殖をするブリーダーは
是非とも読んでおきたい本ですが、体色を決定する遺伝子が病気と関連する場合も
多々あり、その病気のせいで訓練が上手くゆかない場合もありますので、訓練の
専門家や愛犬家にとっても価値のある本です。


よくわかる 犬の遺伝学: 健全性から毛色まで、知って役立つ遺伝の法則


◆著名な心理学者スタンレー・コレンが書いた本です。多くの愛犬家達が抱く、
犬の精神面と社会生活を送る上で生じた疑問、例えば、犬は嫉妬をするか、
犬は鬱病になるか、犬が人間の傷口を舐めると傷は早く治るのか、なぜ狼爪が
あるのか・・・などの71の疑問に答えてくれています。


犬と人の生物学: 夢・うつ病・音楽・超能力


◆初心者が子犬に教える時におかしやすいミスなども書かれてあり、なかなか
読みごたえのある本だと思います。私は、このシリーズは全て持っていますが、
プロのトレーナーさんにも役に立つ本として販売されています。


ドッグ・トレーナーに必要な「子犬レッスン」テクニック: 子犬の気質を読みながら、犬の語学と社会化を適切に学ばせる (犬の行動シミュレーションガイド) (犬の行動シミュレーション・ガイド)


◆↓の本には画像入りで犬達のボディランゲージがたくさん載っています。なにも
ドッグトレーナーにならなくても、防衛のために役に立つ本だと思います。私は
このシリーズの4冊全て、購入済みです。サブタイトルには、「犬の話す言葉
(ボディ・ランゲージ)が、ひと目でわかるようになる!」と出ていますが、
フリーになった時の犬の動作や行動を見る機会が乏しい人にはお奨めの本です。


ドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック: 犬の行動シミュレーション・ガイド

◆犬の病気に関する本を御紹介しておきます。私は1996年の初版本を持って
いるので、買ってから19年も経っています。表紙は破れ紙も焼けているの
ですが、手放せません。新しい情報がNETでいくらでも手に入る今でも、
これだけは手放せません。それくらい犬の専門家であるブリーダーの私が
頼りにしている本です。


bookInunobyoukip700left90

動物病院でもこの本を置いているところは多いそうです。たぶん、飼主さんに
説明をするのにとても便利だからだと思います。イラストの方が、病巣がどんな
風になっているのか、周辺の臓器との関係はどうなのかというのを説明する際、
エコーやレントゲン写真よりも分かりやすいからだろうと思います。


イラストでみる犬の病気 (KS農学専門書)

◆↓は、畑正憲氏の本です。ほかの誰とも違う豊かな飼育経験と深い洞察力と
細胞レベルで動物を知る(東大理学部動物学科卒)ムツゴロウさんならではの
見解が非常に勉強になり、私にとっては、ムツゴロウさんの本は全て宝物です。

ムツゴロウ先生の犬と猫の気持ちがわかる本

amazon画像リンク作成ツール

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★他のブログ2つも時々、更新しています。↓のトップページよりお入り下さい。
エアウーマン犬舎 http://airwoman.if.tv/
迷子のコリーの詳細情報



2
3
4
6
8
9
10
13
14
15
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom