コリー達に囲まれて

ブリーダーとして、コリー達と共に過ごす日々の記録です。画像や動画や記事の無断使用を禁じます。


18
Category: 訓練   Tags: ---

コリー:犬の咬傷事件について

ラフコリー専門ブリーダー
AIRWOMAN COLLIES
http://airwoman.if.tv/
      BlogThunder&Raptor080305

          画像、動画、文章の無断使用を禁じます。
Copyright (C) 2002-2014 AIRWOMAN COLLIES All Rights Reserved

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★リニューアルしたブログ「ラフ・コリーを御存じですか?」も更新しています★http://blog.goo.ne.jp/awcollies06/
BannerPictureRexBrandy

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
愛護団体シェルティ・レスキューさんにより餓死寸前を救い出され、新潟県の
預かりさんのお宅で、順調に回復しているセーブルのオスのコリーがいます。
推定5歳ですが2歳前後の可能性もあります。
激痩せ、フィラリア陽性、未去勢なので、まだ里親募集にはなっていませんが、
新潟県内または近県の方で伊織(仮名)君の里親になりたいとお考えの方は、
↓のシェルティ・レスキューさんに申し込んで下さい。
http://www.help-sheltie.net/
11月17日に新潟の預かりさん宅にやって来ています。
http://ameblo.jp/momo--komomo/

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「コリーの子犬」のブログにもオーナー様募集中の子犬の動画を載せています。

http://collies08airw.jugem.jp/

===== ===== ===== ===== ===== =====

昨日に続いて、犬の咬傷事件について書きます。昨日の記事の追記部分で
発情中そして発情前後の時期のメスが最もオス同士の喧嘩の原因になりやすいと
書きました。当犬舎では、やっとメス達のヒートが収束へと向かっていますが、
まだ交配適期のメスが数頭居た時、現役種オス4頭のうち、最も交配に使った
回数が多い太郎は、他の犬達を牽制するようになったので、私の留守中、一緒に
しておくと喧嘩になる恐れがあると思って、他の3頭とは分けた囲いの中に入れ
私が居る時以外は別にしていました。それが、数日前、もうそろそろ良かろうと
思って留守中、一緒に屋内運動場に居れておいたところ、タケルの顔に大きな
傷ができていました。たぶん、留守中、太郎に咬みつかれたのだと思います。

タケルと太郎はほぼ同じ時期に生まれ、同胎の兄弟のようにして、いつも一緒に
遊びながら育ってきた犬達です。それでもメスのヒート(発情)が絡むと喧嘩に
なってしまうのです。ヒートが終われば、メスとは違うので、ケロリとして再び
仲良く遊び始めるでしょうが、太郎の牙がタケルの眼球に入っていたら、大変な
ことになっていました。毛が剥がれてかさぶたになっていますが、眼球は無事
でした。交配は、うちのように人工授精であっても、子孫を残す為の繁殖行動
なので、オス犬は回数が多くなるほどにオスとして優位に立とうとするように
なります。つまり牽制欲や攻撃性が増すということです。それがオスとしての
本能です。犬が健全であればあるほど、食欲や性欲といった本能的行動も強く
現れるのです。

どんなに人間の感情を察知して、人に奉仕しようと頑張ってくれる犬であっても
元は獲物を集団で襲撃して肉を食らう肉食獣なのです。

生後40日の子犬が、ぬいぐるみをぶんぶんと振り回して遊ぶ姿は可愛いですが、
あの行動は、昨日の記事でリンク張ったブログに書かれていた殺戮事件で加害者の
ホワイト・シェパードが最初の被害犬であるミックス犬に対して行ったのと同じ
行動です。

そして、ホワイト・シェパード2頭が、亡くなったドーベルマンに咬みついた
部位、動脈の走った鼠蹊部と首と頭は犬の急所であり、狼などが獲物を襲う時に
咬みつく部位であり、子犬達がじゃれてプロレスをしている時に、カプカプと
ふざけて軽くかみ合う場所です。

愛らしい子犬が示す行動の中に、躾や飼い方を一歩間違うと、同族の犬も
飼主である人間も殺せる凶器となり得る危険性が潜んでいるということを
飼主さんは知っているべきなのです。

犬をちゃん付けで読んだり、コスプレをさせたり、赤ちゃん言葉で犬達のことを
語り合っていると、犬はただ可愛いだけのペットであるかのように飼育未経験者や
飼育初心者に錯覚をさせてしまうのではないかと私は危惧しています。ですから、
私は犬を犬として書き綴ってゆきたいと思っています。

鋭い牙と強靭な顎を持つ犬は中型以上なら人間を殺せます。極小犬のチワワですら、
集団で野生化すれば人間を襲おうとするんです。
http://news.livedoor.com/article/detail/8572781/

犬は愛情をかけ「犬として理解して」長い時間をかけて躾けて初めて、獣から
家族へと変わります。ですが、本能は眠るだけであって、消失はしません。
些細なきっかけで犬達が集団パニックになったり、血の味を知ることで興奮が
野性を呼び起こした時、普通の飼主さんには制御するのは困難です。

被害犬の飼主さんが、女性なのに襲っている2頭のホワイト・シェパードのうち
片方を必死で抑え込んだとあったので、普通の飼主さんなのによくできたなと
思ったらベテランの警察犬公認訓練士さんでした。
ベテランでシェパードの扱いに慣れた訓練士であっても、極度の興奮状態にある
他人の大型犬の制御は極めて困難です。だから、ランや公園などでは出来る限り
事前に危険を察知して、危ない飼主が現れた時には、その飼主が連れた犬から
愛犬を遠ざけた方が良いのです。
私も経験がありますが、人間同士が親しくしていた場合、マナーの入ってない
犬を連れていても露骨に避けることができない場合があります。それで迷って
いたら、私のコリーはもう少しで大きなアラスカン・マラミュートにガブッと
咬まれるところでした。その犬が、あまり友好的では無いなと感じたのですが、
飼主さんが話しかけてくるのに応じていたら、マラミュートは、うちのサリーの
背に顎を載せてきました。明らかな牽制行動なので、すぐにサリーを引き寄せて、
自分の身体の後ろに隠し、飼主に語調を荒げて注意をしました。

何も学ばず、まともな飼育経験もないのにブリーダーから不要犬をもらってきた
らしく、危険極まりない飼主でした。しかも不甲斐なくて嫁に逃げられたような
男なので(恥ずかしながら遠い親戚筋の人間です)、超大型犬に対してリーダー・
シップが取れるはずないのです。

その一件以来、遠目にその飼主を発見すると散歩のルートを変え、2度と犬同士が
出会わないようにしました。
うちのような田舎でも最近はドッグランが増えています。でも、管理は甘くて
犬の飼育経験が豊富なスタッフが1人も居ない所も珍しくありません。先日の
ドッグランも犬に詳しい人は、私たちが訪れた時には居ませんでした。

どこで危険な飼主に遭遇するか分からないので、常日頃から嫌なことは嫌、
迷惑は迷惑だとちゃんと他人に言えるようになっておかないと、いざという時、
危険な飼主に遠慮していたのでは愛犬を守れません。

殺されたドーベルの飼主である訓練士さんは、ドッグランが閉鎖になることを
恐れて、自分の犬が殺されているにも関わらず、最初は穏便に済ませようとした
らしいのですが、何度も咬傷事件を起こしているのに犬を薬殺していないような
飼主は、そもそも他人の迷惑を考えるようなタイプの人間ではないのです。

うちでは父の手の甲を骨が見えるほどに咬んだドーベルを薬殺しています。
うちの両親は、その犬を番犬になるからと押しつけられて飼い始めたので、
全く知識が無く、躾も十分な運動もさせてやれず、犬には本当に可哀そうな
ことをしたと私は今でも思っていますが、ひとたび、人間の肉を咬む感触を
味わった犬は、また人間を咬むから、そして近所には幼児が多いからという
理由で、両親は薬殺を決めました。

でも、うちのドーベルは、襲おうとして父を咬んだというよりも行動を制止
されたので反射的に咬んだような感じで、加害犬のホワイト・シェパードの
ような明らかな襲撃行動ではなかったのです。それでも他人を咬む危険性を
考えて薬殺したのです。うちの両親はダメな飼主であったと思いますが、
40年以上昔のフィラリア予防もワクチンも一般的では無かった頃の話です。

犬が家族であるという意識が普及した時代に、犬のボランティア活動の幹部を
する人間の犬達が、訓練の行き届いた訓練士の飼犬を襲って殺したのです。
うちで飼っていたドーベルのように咄嗟に咬むのと、2頭で襲撃するのとは、
全くの別物です。

育てられ方のせいでどうしようもなく攻撃的な犬になってしまったのはホワイト
シェパード達には不幸なことですが、浴びるようにして血の味を知ってしまい、
生きた肉を咬み裂く時の顎の感触を知ってしまった犬達には、薬殺以外に道は
無いと思います。

この犬達の場合、犬に罪は無いからと殺処分を望まない愛犬家もいるようですが、
人間の性犯罪者と同じように、同族を殺す経験をした犬は、機会があれば殺戮を
繰り返すはずです。生涯、動物園の猛獣のような管理ができる場合にのみ生存が
許されるのだと思います。

↓は犬の咬傷事件を取り上げたトレーナーさんのブログです。非常に分かりやすく
書かれていました。
http://ameblo.jp/happy-wanko-life2/entry-11790122969.html


ドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック: 犬の行動シミュレーション・ガイド


↓は私が馬術を習っていた頃からブリーダーになり飼育頭数が10頭を越す前まで
散歩に出ていた時に常に身に着けていた合皮の乗馬用グローブです。何度も
脱走してきた犬にうちのコリー達が咬まれたので、自分で犬達を守る為に小石と
手袋は欠かせませんでした。コリーは首の毛が分厚いので咬まれても流血には
なりませんでしたが、私は向かってきた中型犬を蹴り上げたこともあります。

このグローブは、速乾性で、手綱をコントロールできるくらいなので微妙な感覚で
操作でき、手綱やリードが滑らず、丈夫です。しかも軍手や綿の手袋と違って、
襲って来た犬の牙から手の皮膚を保護できます。
ドッグランを使う機会がこれからもあるので、オス用のマナーベルトと合わせて
購入を決めました。

シンセティック レザーグローブ (サイズ:L) (色:ホワイト)


ブログ・ランキングに参加しています。クリックよろしくお願い致します。

にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

◆犬の病気に関する本を御紹介しておきます。私は1996年の初版本を持って
いるので、買ってから17年も経っています。表紙は破れ紙も焼けているの
ですが、手放せません。新しい情報がNETでいくらでも手に入る今でも、
これだけは手放せません。それくらい犬の専門家であるブリーダーの私が
頼りにしている本です。


bookInunobyoukip700left90

動物病院でもこの本を置いているところは多いそうです。たぶん、飼主さんに
説明をするのにとても便利だからだと思います。イラストの方が、病巣がどんな
風になっているのか、周辺の臓器との関係はどうなのかというのを説明する際、
エコーやレントゲン写真よりも分かりやすいからだろうと思います。

今年の3月に13歳で亡くなったターシャが、たしか10歳頃に子宮蓄膿症で
大出血をした時、すぐこの本で確認しておき動物病院へ駆けつけ、即、手術に
なりました。コリーに限らず、老犬を飼っている方には持っておいて損の無い
本です。先日、ミリオンの徘徊動画が放送されたフジTVの「とくダネ」で、
言っていたのですが、日本で飼われている犬のたしか56%だか57%以上
だかが7歳以上の老犬なのだそうです。どんなに健全な子であっても、老齢に
なれば白内障など様々な老化現象が出てきます。

そういう時、傍らにこの本があれば安心だと思います。このシリーズは猫用のも
あります。私が広告を載せているムツゴロウさんの本もですが、出版されてから
これほど長い年月が経っても、出版当時のカバーで売られているのですから、
よほど評判の良い本なのだと思いますね。中古品もあるようですが、この本を
手放すのは飼犬が死んで不要になったからだろうと思います。犬がそばに居る
限りは、この本を売りに出したりはできないと思うんです。稀に見る価値ある
本です。サイズは22.5×30cm、ソフトカバーでオールイラスト入りです。


イラストでみる犬の病気 (KS農学専門書)

イラストでみる猫の病気 (KS農学専門書)


◆↓は、英国王室犬舎サンドリンガム犬舎御用達の高品質ドッグフードです。
営業の人にもらったサンプルはすぐに使い切ってしまいました。成犬用は
チキンの方が匂いが良いです。

Heritage(ヘリテージ)英国王室御用達 プレミアムドッグフード ライト/シニア(フィッシュ) 15kg(BP)

◆↓は当犬舎がもう10年くらいずっと使い続けているナンバーワン・オール
システムズのシャンプーです。うちは頭数が多いのでガロンサイズでないと
間に合いません。ガロンで買う方が単価が安いし、良いフードを食べさせて
いると、皮脂ですぐに毛が潤ってきますので、コンディショナーは不要で、
これだけで済むので、かなりお得です。前にペットショップのセールで得だと
思って買ったシャンプーが薄くて薄くて、ちっとも汚れを落とせず、結局、
損しました。やはり使い慣れた品質の高い物の方が良いですね。コリーの
毛はダブルコートで、しかもボリュームがあるので、非常にたくさんの
シャンプーを消費しますから、楽に汚れが落とせ価格が割安なのが一番です。


#1(ナンバーワン・オールシステムズ) スーパークリーニング・コンディショニング・シャンプー 1ガロン(3.78リットル)

ナンバーワンオールシステムズ スーパークリーニングコンディショニングシャンプー 犬猫用 473ml

◆ナンバーワン(#1)オールシステムズのピンブラシも20年以上、使って
います。私は、手に入るピンブラシの中の最高峰の品質だと思っています。
グリップの握りやすさ、軽さが絶妙でラージサイズの27mmのピンの長さが
最も使いやすいですね。
昔、うちのサイトで輸入販売をしていたのを買って下さっていた方々に、
「あのピンブラシはどこで買えば良いのですか?」と聞かれることがありますが、
JKCのドッグショー会場か、NETで購入するしかないんです。街中のペット
ショップやホームセンターには売っていません。輸入品です。


ナンバーワンオールシステムズピンブラシ アルティメットシリーズパープルLサイズ

◆↓は、畑正憲氏の本です。ほかの誰とも違う豊かな飼育経験と深い洞察力と
細胞レベルで動物を知る(東大理学部動物学科卒)ムツゴロウさんならではの
見解が非常に勉強になり、私にとっては、ムツゴロウさんの本は全て宝物です。

ムツゴロウ先生の犬と猫の気持ちがわかる本

◆↓は写真集となっていますが、私は、写真以上にムツゴロウさんの書いている
犬や馬やその他の動物に関する記述の方が好きです。この本が発売されてすぐに
購入しました。今、読み返してみても、はは~ん、そういうことだったのか、と
新たな発見がありますね。こういう本は、永遠に廃版にならないで欲しいです。

ムツゴロウとゆかいな仲間たち―畑正憲珠玉の写真集 (9)

amazon画像リンク作成ツール

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★他のブログ2つも時々、更新しています。↓のトップページよりお入り下さい。
エアウーマン犬舎 http://airwoman.if.tv/
迷子のコリーの詳細情報



1
2
4
6
7
9
10
12
13
16
17
18
20
22
23
25
26
27
28
29
30

top bottom