コリー達に囲まれて

ブリーダーとして、コリー達と共に過ごす日々の記録です。画像や動画や記事の無断使用を禁じます。


15
Category: 飼育   Tags: ---

コリー:鬼畜

ラフコリー専門ブリーダー
AIRWOMAN COLLIES
http://airwoman.if.tv/

banner400p

http://airwoman.if.tv/puppies.html

=========================
2013年5月18日生の子犬達のお申込みを受付中です。
「子犬情報」のページを御覧の上、お問合わせ下さい

子犬情報

=========================

今まで何度もこのブログで触れましたが、アメリカやカナダの有名ブリーダー達が
こぞって交配を依頼したせいで、自分は見えず、聞こえずの二重苦の先天的欠陥の
ある犬でありながら2011年のトップサイヤーになり、その息子が2012年の
ウェストミンスター展でのBOBになったダブルマールの種オスが居ます。
http://www.border-wars.com/2012/02/westminster-rewards-cruelty.html


それは、WYNDLAIR AVALANCHE ですが、アメリカでは、前に
私が御紹介した、ボーダーコリーのオーナーさんが管理人をしている糾弾サイト
だけでなくアメリカのYAHOOの掲示板でも問題視されていたようです。
http://answers.yahoo.com/question/index?qid=20120213160532AAjkxaE


ベストアンサーに選ばれたアンサーには、WYNDLAIR AVALANCHEは、
「決して存在してはいけなかった犬」と書かれています。その通りだと思います。
愛犬家を名乗る以上は、絶対に手を出してはいけないマール×マールの繁殖から
生まれた犬、可哀そうな“存在してはいけない犬”です。どれほど美しくても
健全ではない二重苦の犬、子孫を1頭たりとも残してはいけない犬です。


↓のページにダブルマール、おそらくオスだと思いますが、白髪の老婦人と共に
写っていて、下に動画も出ています。ドッグフードの会社のピュリナのCMです。
動画はYoutubeでも見ることができ0:45あたりに出てきます。
鼻が黒いのでアルビノではなくダブルマールです。横からなので分かりにくいの
ですが、眼球そのものが無い可能性もあります。
http://www.border-wars.com/2012/02/the-blind-collies-of-westminster.html

こういうダブルマールから生まれた子犬を欲しいと思いますか?
日本にもWYNDLAIR AVALANCHEの子供や孫が入って来ています。
WYNDLAIR AVALANCHEの子供たちが、どれほどゴージャスな
コートであっても、どれほど端正な顔であっても、購入するべきではないし、
WYNDLAIR AVALANCHEを繁殖に使うべきではないのです。
すぐさま去勢して、手厚い介護をして安穏に暮らさせてやるべきです。

何も見ることができず、何も聞くことができない、暗い闇の中に生きている
哀れな二重苦のダブルマールの犬の苦しみがどれほどかを分かろうともしない、
モラルの欠片もない、鬼畜のような有名ショー・ブリーダーの繁殖した
WYNDLAIR AVALANCHEを交配に使うブリーダーたちや
WYNDLAIR AVALANCHEの子孫を嬉しそうに購入する人の
気がしれません。

うちには生れつき目が見えないカムイが居ます。健康な父母犬から生まれた
子です。祖先にも視力障害のある犬は居ません。でも、見えない子が生まれて
しまったのです。

私は時々、思います。この子が、もし今見えるようになったら、毎日が嬉しくて
楽しくてたまらないだろうと・・・この子の生活には他の子たちが当たり前の
ように享受している幸福が無いのです。身体のどこにも痛みは無いですし、
見えた経験が全くないから、見えない不幸を悲しく感じないのかもしれません。
でも、もし見えるようになったら、好奇心いっぱいの瞳で世界を眺めるだろうし、
尾を上げて思いっきり走り回るに違いありません。

そのような幸せを与えられていない子犬が、必ず生まれるのが分かっている
マール×マールの繁殖をする人間が愛犬家であるとか、健全性を重視した繁殖を
していると言うことが許せません。

そういう人達が「美しいコリーを繁殖しています」とブログやサイトに書くのは
かまいませんけど、「愛犬家である」とか、「健全性を重視している」とか、
「犬が可愛い」とか、そういうことだけは絶対に書かないで頂きたいのです。

「私は美しい犬を得る為ならなんでもします」「不具の子犬が産まれるのが
初めから分かっていても、ショーで勝てる美しい子犬を得る為には、マール
×マールの繁殖をするブリーダーを容認します」とお書きになって下さい。

これからコリーの子犬を求める人が、その子犬の血統書を手にした時に
WYNDLAIR AVALANCHE の名前が先祖に入っていないことを
お祈りいたします。

アメリカやカナダのコリーは美しいです。WYNDLAIR AVALANCHEが
登場するまでは、アメリカのコリークラブもケネルクラブもまともだったのです。
ですが、今や、他犬種オーナーさんからは、その美しいコリー達は軽蔑され、
種オスのWYNDLAIR AVALANCHEは、恥さらしの犬と言われ、
アメリカのコリー界は崩壊していると言われているのです。アメリカやカナダの
コリークラブには、まともな神経をした会員たちは居ないのでしょうか・・・ 


★↓は2012年5月6日に掲載したWYNDLAIR AVALANCHEに
関する記事です。
http://awc.blog55.fc2.com/blog-entry-1207.html


↓は先日、今年の1月生の大介君のオーナーさんから届いた画像と譲渡直後に
送って頂いていた画像です。大型犬ですから、あっという間に大きくなります。
お兄ちゃんトライの剛君もうちの繁殖です。ブルーマールのラッキー君は
かなりの高齢ですが、まだまだ元気そうです。
トライのオス2頭が仲良く寄り添う姿が微笑ましいですね。

DaisukeGoukun

PupDaisukeGoukun

DaisukeGoukun4

DaisukeGoukun3

↓は手振れをしちゃったみたいですが、レモンの娘のクロエちゃんです。
クロエちゃんは、↑の剛君よりも1歳年長の父母犬が同じの姉です。
クロエちゃん宅の御庭はドッグランのように広いので、運動量は十分なの
ですが、御主人様と一緒のお散歩はきっと格別に楽しいのでしょうね。

Kuroechn1310

kureachan131018cut


=======================
●犬ブログ・ランキングに参加しました。御協力よろしくお願い致します。↓のバナーを
クリックするだけでOKです。
にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
にほんブログ村
odekakeL&A&R

★★★他のブログ2つも時々、更新しています。↓のトップページよりお入り下さい。
エアウーマン犬舎 http://airwoman.if.tv/
LemonLeftBody
迷子のコリーの詳細情報



2
3
4
6
8
9
10
13
14
15
18
20
22
23
25
26
27
28
29
30

top bottom