コリー達に囲まれて

ブリーダーとして、コリー達と共に過ごす日々の記録です。画像や動画や記事の無断使用を禁じます。


19
Category: その他   Tags: ---

コリー:プロのこだわり

ラフコリー専門ブリーダー
AIRWOMAN COLLIES
http://airwoman.if.tv/


バナー子犬募集
http://airwoman.if.tv/puppies.html

=========================
2012年12月以降に生まれる子犬の仮予約を受付中です。
「子犬情報」のページを御覧の上、お問合わせ
下さい

子犬情報
=========================

妹宅が電話回線をKDDIに変えたらしいのですが、担当者の説明不足で色々と
不備があり、いったい回線がつながったのかどうなのか、さっぱり分からず、
メールを送ったのが届いたのかどうかも分からず・・・なので、妹宛に書いた
メールの内容を書いておきます。


妹は、モータウンレコード全盛の折、子育てでいっぱいいっぱいでTVや
コンサートなどとは縁の無い暮らしを送っていたのですが、突如、没後に
マイケルジャクソンにはまってしまい、マイケルがらみの動画を見たり、
愛好家たちとNETでやり取りしているらしいのです。
その妹も知らないかもと思ってメールしたのが、マイケルジャクソンのズボンの
裾の長さと会場の面積との因果関係なのです。


マイケルの舞台衣装のデザイナーが話していたのですが、ステージが広くなるほど
ズボン丈は短くしていたのだそうです。遠くの観客にステップがよく見えるように
足首の白いソックスが目立つようにと考えて、ズボンの丈をステージが広くなるほど
短くしていたのだそうですよ。すごいプロフェッショナルですよね。
あの長い脚だからこそ、どんどん丈を短くしていっても無様にならなかったのですが、
いつ見てもあの踊りはすごいですね。


私は、20歳代前半の頃、黒人にものすごく憧れていた時期がありました。
顔というよりもプロポーションや身体能力の高さに憧れたのです。ファッションの
世界のスーパーモデルの美しさよりも黒人アスリートの美しさに惹かれました。
白人でも新体操とかで見る東欧諸国の選手は美しい身体をしていますが、あの頭の
小ささと円柱形の骨格、同じ人間でも黄色人とはどうしてこんなに違うのだろうと
思いました。


幼い白人の子供の水着の後ろ姿を見る機会があったら、肩甲骨あたりをよく見て
下さい。日本人の子供とは全然違いますから。違いは長さだけじゃないんですよね。
骨の付き方からして違うんです。


白人や黒人は頭頂部から顎先のほぼ中央に眉毛がありますけど、日本人は目なんです。
だから、ワイドな顔が余計にワイドに見えるんです。イラストを描いてみるとよく
分かります。卵型を2つ書いて中央に目を書くのと眉毛を書くのとでは、同じ大きさの
卵型であっても、印象が違うのです。


私はそのことに大学生頃に気づいたんです。白人は実際に頭骨が日本人よりも小さい
だけでなく、目鼻のバランスも違うんだ~と気付いたのです。
田舎に居たのでは気付かなかったかもしれません。原宿の表参道の裏手に住んでいた
せいで、早朝など、ロケ中の俳優さんや外人モデルをよく見たのですが、毎度毎度、
頭の小ささに感動しておりました。


コリーもシェルティも犬族の中では頭骨が小さい方です。
イラストや写真ではコリーとシェルティの差が他犬種の飼主さんには分からないことが
多いのですが、見分け方は、比率です。身体全体に占める頭骨の割合や、顔全体の
中で目が占める割合や、顔の中で鼻筋がどのくらいの割合を占めるかなどです。


一般の人にはストップがどうたら・・・といっても分からないので、まずは身体全体に
占める頭骨の割合とか、身体の縦と横の比率などで見ると区別がついてきますよ。
すご~く大雑把な言い方をすれば、身体全体が正方形に中に納まるのがコリーで
横長の長方形の小さいのに納まるのがシェルティです。
でも、売られているステッカーなどは、コリーなのに小さい長方形に納まる身体に
描かれているのが多いです。


=======================
★★★他のブログ2つも時々、更新しています。↓の
トップページよりお入り下さい。


エアウーマン犬舎 http://airwoman.if.tv/
迷子のコリーの詳細情報

●犬ブログ・ランキングに参加しました。御協力よろしく
 お願い致します。クリックするだけでOKです。

にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
にほんブログ村


odekakeL&A&R




2
4
6
7
10
11
12
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom